中国語のサイトで風水師は財布の色はどう言っている?

FullSizeRender

以前、私は中国に留学していたので、時々中国のサイトをみていることがあります。中国語のサイトを時々みておりまして、中国の風水師はどのようなことを言っているのか、興味深く読んでおります。

私が以前、中国にいた頃は、財布を持っている人にあまり出会いませんでした。

中国人は、みんな洋服のポケットに小銭を突っ込んでおいているのですね。ポケットが財布代わりです。

財布を持っているのは、外国人とわかるくらいです。

それが、最近変わってきているようなのです。財布を持つようになっていることもありますが、それよりも驚いたこと。


中国の風水のサイトに「お財布風水」なるものをいくつか発見しました。

中国では、今や小銭を持たないでスマホ決済でなんでも取引していると聞きます。

それがいつのまにやら、「お財布風水」です。

この変わりようはなんだ!という気持ちです。

それだけ、お財布に凝る人が増えているのでしょう。特に、お金持ちの間では。

それで、そのお財布風水を読んでいますと、日本でも言われているように「赤」の財布は(金運面で)良くないと書いてあるのです。



赤の部分を一部、引用して翻訳いたします(超訳ですが)。ちなみに、中国語では、赤は「紅色」と書きます。

たとえば、こちらのサイトには、

钱包什么颜色好风水_百度知道

赤いお財布は買わないほうがいい。赤はすなわち、赤字である。お金を使い切ってしまうことを暗示し、お金が貯まらないという意味である。商売をする人なら、損をして、元手のお金がなくなることを意味する
特に、女性に赤のお財布に対して気をつけるように言ってます。
おそらく赤っぽい色は、女性に人気だからでしょう。

こちらのサイトでは、

什么颜色的钱包招财 钱包颜色与财运_易安居吉祥网

散財する色として、「赤」があげられています。


赤は、お金を招く力がある色であるが、それと同時にきれいさっぱり使ってしまう色でもある。お金が貯まらず、しかも赤字を表す色なので、赤の財布はおすすめしない

その部分の下には、「青」も良くないと書いてあります。

こちらのサイトでも、赤は、バッサリです。

钱包颜色与财运 钱包颜色代表的含义 - 京东


赤い色の財布:赤は赤字の意味を表す。すっからかんに使ってしまい、貯めることができず、元に戻らない

ちなみに、このサイトでは黄色や金色がいい色とされていました。

これらを読んでわかるように、日本で出版されている風水師の書籍や雑誌記事に載っていることと似ています。

金色がいいだとか、青が良くないだとか。


日本の財布、巳成金の「福財布」についてはこちら。

>>巳成金大祭に行ってきた。上野の不忍池の弁天堂のお守りも写真に 

日本の風水師も、赤はお財布に良くない色だと

FullSizeRender

私が驚いたのにはもう一つ理由がありまして、中国ではおめでたいことに「赤」使いまして、慶び事は「赤」というイメージがあります。

さらに、一般的には中国人は赤が好きだからです。

幸運をもたらす色なのです(国旗も赤だし)。

それにお祝儀袋の色でもあり、お年玉袋の色でもあります。

お金には良さそうに感じるのに、です。


華僑の人をみればわかるが、中国人は金運や財運に凝る



知っている人なら、わかってくれるでしょうが、中国人はけっこう、お金儲けや金運のことが大好きなのです。

だから縁起も担ぎます。

その一例が車のナンバープレート。

末尾が8のナンバープレートがほしくて、高い値段で入札されるのだと聞きました。
私が中国にいた頃は、車を持っている人はお金持ちに限られていました。

なぜなら、8の発音が「発財」(お金持ちになるの意味)の音に似ているからといいまして、縁起をかつぐのですね。

その人達ですら(すでにお金持ちであっても)縁起の良い数字にこだわるのです。


8888などのような8づくしのナンバープレートなら、いくらで取引されているか想像もつきません。


携帯電話も、これまた「大哥大」と呼ばれていた時代から電話番号の「8」は人気でした。

携帯電話は、商売につながるイメージありますから、「8」の数字の電話番号は争奪戦になっていたことでしょう。

8が好きなことがわかる例としては、北京オリンピック。

北京オリンピックの開催は、2008年8月8日夜8時に始まりました。

「発財」と「八」

このように、「お金持ちになる」ことに情熱を燃やす中国人ですから、風水もこだわりがありますね。

これは大陸の人よりも香港、台灣のほうで風水を重視していることがわかるかと。

今までは、風水で占うのは、主に地形の流れとか、気の流れ(龍脈)でした。
建物やビルの形などでした。


それがインテリアの色だとか、さらには、「お財布風水」まで出てくるようになっていたのです。


お財布と風水については、こちらの記事もどうぞ。


>>財布は風水で色を選び金運アップの天赦日を選ぶ


2020年版 開運財布おすすめ財布の色