お銀のブログ

人気の化粧品、育毛剤(女性用)、行ってみたお店など個人的体験を淡々と書いていきたいと思います。

タグ:美白

ファンデーションを塗るだけで美白もできるという薬用ファンデーション

FullSizeRender

「今なら、オリジナルのミラー付き」

マツコ・デラックスさんも、CMで言ってましたよね。

「ファンデーションって、1年に3500時間も塗ってるの!」

「それが塗るだけで、美容液みたいにケアしてくれるなんて、ウソでしょ!」

という時代なのです。

これからの時代は、美白だけ、ファンデーションだけ、ではないのですね。

両方共に、です。美白もファンデーションも、です。

一度に美容液とファンデーションができる時代なのだなぁと。

資生堂のHAKUにファンデーションが出たことを知ってそう思いました。

先日、資生堂のイベントやら、幕張メッセでやっていた展示会などでも「HAKU」のファンデーションはメインに紹介されていました。

今回、資生堂は、HAKUの美白美容液ではなく、HAKUのブランドで、ファンデーションを新発売したのです。


HAKU 薬用 美白美容液ファンデ - 化粧品・コスメの通販 | ワタシプラス/資生堂



オフィスにファンデーションをつけて行く人は、年に3500時間どころじゃないかも



IMG_4597

これがHAKUのファンデーション、色番号はピンクオークル10番です。
「赤みよりでやや明るめの肌色」と書いてあるほうです。

薬用美白ファンデーションであります。

なぜ、「薬用」なのか、については後で書きましょう。

世の中に出回っているファンデーションの話は、ファンデーションをつけると肌に悪い、というものばかりです。

ファンデをつけていると、肌の皮膚呼吸ができないとか、肌に負担をあたえるとか、毛穴がつまりそうだとか、ネガティブなものばかりです。

もちろん、肌状態が悪くてつけてはならない場合もありますよ。

しかし、それらのうわさ話の中には、誤解もあるそうですよ。

考えてみてください。

ファンデーションをつかなかったらどうなるか?

まず、紫外線は、直撃ですよね。

肌に直接、空気中のほこりやチリもつくことでしょう。

それらを防御してくれるのは、ファンデーションです。

乾燥だってそうです。
肌にベールがないのですから、水分もどんどん出ていくことでしょう。

肌に保湿のベールがあれば、肌を守ることができます。

資生堂の調べでは、年に3500時間もファンデーションをつけている時間になるそうです。

それだけの時間をファンデーションとともに、過ごしているのなら、その時間をケアの時間に。

すなわち、ケアタイム、お手入れ時間にしてしまおう!です。

ファンデーションだけでなく美白美容液も肌につけておけるということになります。

ファンデーションの時間を、美白で有名なHAKUで、一挙両得に。

新常識のファンデーションに。新感覚の美容液ファンデーションで美白も

こちらは、オークル10番を、隣においたところです。

オークル10番とピンクオークル10番は、室内だと、同じ10番なので違いがあまりわかりません。

FullSizeRender


しかし、外へ行くと、ピンクオークルは、ピンクに近いことがわかります。

ちなみに、紫外線防御効果は、SPF30・PA+++ですよ。

もちろんHAKUのシリーズですから、美白有効成分は入っていますよー

HAKUの美容液を使っている人なら知っている4MSKですね。4-メトキシサリチル酸カリウム塩です。


IMG_4599


ここまで試させていただきながら、私が買ったのは、なんと標準色のオークル20番ですよ。

肌には、オークル10番があっている、というのに。

肌測定して色味判断してもらっているので、私の顔の肌はオークル10番がドンピシャです。

その人がオークル20番だと、このように肌とは差が出ていますね。

50代の肌、そのものですが、くすみやシミは、カバーされていますよね。

差がわかるように、頬のところだけに塗ってます(丸く塗って違いがわかるようにしてます)。

FullSizeRender

これは、色の差を見せるためで、2,3回肌の上で、くるくる回しただけですが、もう少し、時間をかけて丁寧に塗れば、CMに写っているマツコさんのような肌になるのでしょうか。

時間がある時に、下地もつけて、丁寧にじっくり塗ってみます。



さて、使ってみての感想は、「軽い」です。

肌の皮膚呼吸ができない、なんてウソでしょ、になります。


やはりファンデーションをつけていても皮膚呼吸はできているのだなぁと。

美容液で、ファンデーションというのは、いいのですが、つけているのを忘れそうなのが、いいのか、悪いのか。

ついつい、あれ、すっぴんではなかったんだ、思うくらいです。

その後、オークル10番とオークル20番を比べてみました。

IMG_4699
上がオークル10番です。

色の参考に、どうぞ!



ファンデーションでありながら、
「エクトイン,ジオウエキス,イチヤクソウエキス,トルメンチラエキス,ユリエキス,塩酸グルコサミン,ルムプヤンエキス,2-O-エチル-L-アスコルビン酸,ヨモギエキス(2),アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム」
などが入っているのです。

アセチル化ヒアルロン酸ナトリウムは、Sヒアルロン酸ともいいますね。

美容液とも、いえそうなくらい。。。それでもファンデーションなのでしょうね。

そのほか、肌を明るくみせてくれる秘密もあります。
その秘密は、ファインレッドパールですよ。それも含まれているから仕上がりが、ワントーン明るめです。
赤って、人の肌を透明感アップさせてくれるんですってね。



シミをカバーしながら、美白してケアのファンデーションがHAKUのファンデーションです。

使ってみれば、「落とした肌も楽しみね」
というのも、わかりますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

【薬剤師が開発した】こだわり成分のブノワグレースクリーム

FullSizeRender
ふと鏡をみると、外で窓に写った自分をみると、
くすみや、口元のしわ、肌のハリのなさなど、歳を感じてしまうことがありますよね。

ふとしたきっかけで、年齢を感じてしまうことってありますよね。

衝撃だったのが、このブノワグレイスクリームのサイトに大きく載っている写真です。

このクリームを開発した人の手が載っているのですが、年齢を感じないのです。

それもクリームを開発したのは男性です。だから、タネ明かしすると、男性の手なのです。

男性の手はふつうゴツゴツして色も日に焼けているものなのに。

それなのに、それなのにキレイなのですよ。
(手の写真だけでなく、サイトの下の方には、ご本人の顔写真もありますよ!)

それは透明美肌のための美容成分を豊富に使用し、使っているだけでなく、成分をすぐに浸透させる超純水を使っているからです。 

いくら良い成分を使っても、肌に乗せたままでは実感できないですものね。
男性でも美しい手の甲でいられる。それはしっかりお手入れがなされているからですね。

あなたもわかると思うのですが、手の甲は、意外と年齢が出るものです。

顔はしっかりお手入れできている人でも、盲点というのか、手の甲まで気が回らないのか、お手入れ手薄な部分です。

だから、手の甲で年齢が出やすいものなのです。

白くてふっくらしている手に憧れますよね。

このように男性であっても、「超純水」のスキンクリームでお手入れをしていると、白さをキープできるのですね。



超純水(不純物を含まない水)を使ったスキンケアだから


FullSizeRender


ブノワのグレイスクリームは使用する水にこだわっています。

それなので、「超純水」を使っているわけです。

油にも溶け込む超純水を使用しているのがグレイスクリームなのです。
超純水だから浸透性が優れているのです。

肌への浸透は大事ですよー
肌の上に置いているだけでは、いくら毎日お手入れをしても時間とお金がかかるだけです。

実感を伴わないということになります。


肌に浸透させる目的といえば、コスメやスキンケアには添加物が入っていることがあります。

アルコールや界面活性剤です。


化粧品で使われている「精製水」では、皮脂に跳ね返されて、いくら美容成分が豊富でも肌に浸透していきにくいのです。

だから、添加物で浸透しやすくさせるのですね。



では皮脂は悪者かというと、そんなことはまったくありません。

お肌を守ってくれるのが皮脂ですから。

添加物で肌に浸透アップ!と思っても、添加物では、皮脂を溶かすことで肌に浸透をはかります。

界面活性剤やアルコールを配合していると、浸透しているように思えるのは肌の皮脂を溶かして浸透させているからです。

実はこれでは皮脂が溶けてしまい、刺激となってかえって肌へのダメージとなります。

肌が敏感な人なら刺激を感じて使いづらいです。


添加物ではなく、肌に浸透させるにはどうしたらいいのか。。。

それが

油にも溶け込む超純水使用なら、美容成分を肌にすぐに送り込み、うるおいで満たしていくことがわかったのです。

一口にスキンケアといいますが、その化粧品に使われている「水」にも着目しているのが、このブノワのグレースクリームなのです。

超純水とは何か。

純度100%の澄み切った水のことです。

純度100%の水とそれ以外のミネラルウォーターなどの水では浸透に違いがでてきます。

キャロット油をいれて、超純水との比較があります。

「水と油」という言葉があるように、相受けいれないのが「水と油」ではないですか!

しかし、超純水なら油であってもよく溶けるのですね。

開発したのが薬剤師さんだけあって、サイトには、超純水を使った実験の写真が多めですよ。
(見ているだけでも、スゴさがわかる)。


美容成分に紫根入りのエイジングケア用スキンクリーム


IMG_9956


超純水で浸透させやすいということは、わかりました。

では、美容成分は何を使っているの?という疑問がわき起こりますね。
私が注目したのは、「紫根」です。

最近、紫根エキス入りのジェルだったり、クリームだったりをよく見かけるようになりました。


解毒、殺菌、抗炎症作用があって、なおかつ、新陳代謝がよくなる、すなわち血行、シミ、くすみを防ぐ成分が紫根なのです。


紫根エキスは、美白用のスキンケアに使われていることが多いように思っていたので、調べてみました。

紫根エキスは、新陳代謝をアップすることで、血行をよくして、血行をよくすることで、これまた、シミやくすみを防ぐという効果があるのですね。


この点、薬剤師さんが開発したスキンケアですから、肌にいいものを知ったうえで、「厳選された成分入り」、となっているわけです。


とはいうものの、けっこう多くの美容成分が入っていますよ。

紫根だけでは、ございません。

香りが大好きなダマスクローズも入っていましたし、ホホバオイル、ユーカリオイルなど植物由来のものや、スクワランやヒアルロン酸などうるおい成分も入っています。他にもオタネニンジン根(高麗人参のこと)など贅沢な成分が豊富に入っています。

国内産であることと、無添加、無着色、無香料、パラベンフリーなのもいいですね。



ブノワ、グレイスクリームの使い方



IMG_9955

DAY&NIGHTと書いてあるように朝と夜にも使いましょう。

額、両頬、あごの4つにクリームを置いてつけます。



IMG_9954




頬の下から上に、左右対称に同時に手でマッサージです。

丸く円を描きながら上に上にとくるくる回していきましょう。

目のまわりもお忘れなく。

額は、これまたくるくるとです。円を描きながら内側から外側にくるくるとまわしていきます。

眉間のしわが気になりますから、眉間のところもおろしながらマッサージです。


IMG_9960

小鼻のまわりや、ほうれい線など気になる場所は、丁寧にマッサージしておきましょうね。

両頬を抑えて、しっかり浸透です。

このクリームの伸びの良さをみれば、マッサージに向いていることがわかるはずです。

油にも溶け込む「超純水」を使用しているので、 美容成分が肌に送り込まれて、角質のすきままでうるおいを与えてくれます。

プルプルお肌を実感!というのは、やはりこの超純水使用だからでしょうね。

美容成分を豊富に使用しているだけでなく、それをすぐに浸透させるからでしょう。


IMG_9961

ブノワグレースクリームは、毎月自動的に送られてくる定期便購入になっています。

初回は50%オフの金額で始められます。税込み、4,980円で、送料は無料です。

2回目以降は、25%オフの7,480円です。
いつでも解約可能となっているので、回数縛りはありません。

次回発送日の10日前までに連絡すれば解約が可能です。


  • 顔全体がくすんできた
  • 顔がいつもカサついている
  • 肌の弾力がないから表情シワが元に戻らずできやすい
  • 目の下のくすみやたるみが気になるようになってきた
  • 顔のお肌はいつもファンデーションでごまかしている

このような悩みを持つ50代の方、そして
40代でも肌が気になり始めた人なら
公式サイトで確認を。


それよりも百聞は一見にしかず。

公式サイトの中にある男性の手なのに、白くてふっくらしていて、カサつきがない「手の写真」を一度みてくださいませ!びっくりしますよ。


>>>>超純粋ホワイトケア【ブノワグレースクリーム】









このエントリーをはてなブックマークに追加

ドクターソワの美容液ですが、美容に詳しい人ならば気になるものですよね。

テレビでもすぐに売り切れになったし。。。

私のブログ記事の前に、お試しできるセットのご紹介です。

まずは試してみたい!と思う人がいましたら、お試しできるモニターセットはいかがでしょう?
というお話を先に。


今までのお試しセットでは見たことがない「美容液」のお試しです。
それもドクターソワの美容液を3種類お試しできます。


  • 【シミ・毛穴・ハリ】には、美容液APP-Cフラセラム
  • 【しわ・たるみ】には、美容液モイストリフトプリュスセラム
  • 【美白・シミ】薬用美白美容液ホワイトニングスノーセラム
このようなモニターセットを知らなかった人は、この機会に試してみて下さいね。

まずは、実際に使ってみてから、考えてもいいですよね。


>>>全美容液が試せる!お得な2000円美容液モニターセット






それでは、ブログ記事も参考にしてみてください。

ドクターソワのAPP-Cフラセラムがテレビですぐに売り切れ

sowaappc


ドクターソワのアマランス化粧品がテレビのショップチャンネルに出たら、すぐに売り切れたという話を聞いて、その前に試しておいて良かったと思いましたよ。

肌悩みがあるなら、すべての肌悩みに効く万能選手がビタミンCと言われています。これはどの美容家さん、研究者さんも言うことです(皮膚科の先生も)。

オールマイティーなのですね。シワにも、シミにも、毛穴にも、たるみにも、ニキビにもというビタミンCです。
肌質だって、オイリー肌から普通肌、乾燥肌まで広く対応です。

ビタミンCを100倍以上浸透させやすくしたのが、APPS「超浸透型ビタミンC誘導体」です。

超浸透型ですよ!

だからこそ、テレビショッピングで知ってしまった人は購入ですよ。すぐに売り切れです。


アマランス化粧品の中でも「【APPC-フラセラム】 」は人気の品と聞いておりました。テレビショッピングに出たら速攻、売れるだろうなと思っていたら、予想どおりの展開でした。


さて、テレビを見ていた人はおわかりですが、APP-Cフラセラムは化粧水の前につける、導入液のようなものです。プレ美容液ですね。


これから使う基礎化粧品を浸透よくさせますし、何より洗顔すぐの肌に補充したいものです。

APP-Cフラセラムの強みは、浸透力ですからね。

APP-Cフラセラムは、通常のビタミンC誘導体の100倍以上、肌になじんで浸透します。

ビタミンCが肌にいいことは、誰でも知っています。


しかし、進化系ビタミンC、APPS「超浸透型ビタミンC誘導体」(アプレシエ)が肌に浸透しやすいことを知っている人は、ぐっと少なくなります。

超浸透型ビタミンC誘導体「APPS」は、それだけでも肌にハリを与え、さらにはシミやくすみを予防し透明感をアップしてくれる成分なのですが、APP-Cフラセラムはそれだけ配合、ではございません。


APP-Cフラセラムには、話題のフラーレンも配合されていますので、ハリにもいいのですよー

フラーレンを知っていましたか?
活性酸素を除去してくれる働きを持ちます。

単なるビタミンCが入っただけの美容液よりも、フラーレンが入ったものを選んだほうがいいですよ。

世の中には、ビタミンC誘導体が入っているものは山ほどありますが、選ぶのは、

「超浸透型ビタミンC誘導体」+フラーレン です。

それもラジカルスポンジマークが入っているものを!

ラジカルスポンジマークは、フラーレンが十分に入っている目印になります。


フラーレンは高価なので、ほんのちょっぴりしか入れないでもフラーレン入り!という化粧品があるので、ケチっていないという目印は、ラジカルスポンジマークです。


年齢が上がるとともに、肌悩みは加速します。
だからこそ、お早めに。



皮膚科女医と共同開発のドクターソワ
あきらめていたシミに、超浸透型万能ビタミンC美容液

公式サイトにて確認を!

>>>>超浸透型ビタミンC!APP-Cフラセラム


超浸透型のビタミンCは使い心地もよく、美白、シワなど効果があるから

sowavcurahako


ビタミンCが肌にいいことは世の中の人によく知られています。

肌のコラーゲンの産生をサポートしてくれますし、よくいわれるようにシミを押さえます。

過剰の皮脂の分泌も抑えるので、なにかと「肌にはビタミンCを!」と言われるのです。


しかし、ビタミンCが肌にいいからと、ビタミンCが高濃度に配合された美容液を使ってみたもののヒリヒリして使えなかったという人がいるようです。

ビタミンC美容液で肌が荒れたとか、つっぱるようになったとか聞きませんか。

そのような場合、ビタミンCよりもビタミンC誘導体を選ぶといいですよ。

それも進化系ビタミンC誘導体APPSです。

誘導体は誘導体でも従来のビタミンC誘導体よりさらに期待できます。


ドクターソワで使われているのは、進化系ビタミンC誘導体APPS(パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na)です。

パルミチン酸アスコルビンリン酸3Naとは、

従来のビタミンC誘導体と比べてビタミンCを肌の内部へ容易に浸透させることができ、優れた美白効果を発揮するだけでなく、真皮内で発生する活性酸素を除去し、シワの原因となるコラーゲンのダメージを防止し、真皮の線維芽細胞に働きかけてコラーゲン合成を促進するなどの抗シワ効果が期待できます


参考:
パルミチン酸アスコルビルリン酸3Na(APPS)とは | 化粧品成分オンライン


ドクターソワのビタミンC美容液は進化系ビタミンC誘導体なので刺激が少なく、さらに浸透がいいのです。

それはビタミンC誘導体の中でも、進化系ビタミンC誘導体だからです。親水性、親油性の両方を持っているからなのです。

人間の肌のように水分もあるし、皮脂もあるという場合にはうってつけなのです。

だから肌へのなじみがいい。

APP-Cフラセラムは進化系ビタミンC誘導体を贅沢に配合なので角層まで届きます。

ビタミンCはにきびや毛穴にもいいので、APP-Cフラセラムは男性の利用者もいるくらいなのですって。

公式サイトへ
>>超浸透型ビタミンC!APP-Cフラセラム


ドクターコスメだから安心!APP-Cフラセラムを使ってみた!洗顔後すぐがおすすめ

ふつうビタミンCを肌に塗りますと、ヒリヒリしますが、このAPP-Cフラセラムの場合、刺激を感じませんでした。

浸透がいいので、すっと肌に染み込みます。

サラッとしているのが第一印象です。

色は透明で、香りもしませんでした。
最初に使うものですから、それ以降使う基礎化粧品の邪魔をしない感じです。


導入液ですから、化粧水の前に使うように、洗顔が終わったら、すぐ使うようにするといいですね。

ビタミンCですから、肌荒れやにきびに悩んでいる人にもおすすめです。
皮脂の分泌を適度に押さえてくれます。


配合されているのは、なにも進化系ビタミンC誘導体だけではありません。


ドクターソワでは、進化系ビタミンC誘導体「APPS」(アプレシエ)の働きを高める成分を配合しているのも特徴なのです。

ヒアルロン酸も配合されているから水分保持能力があるため、乾燥を防ぐのです。


保湿成分があることで、シミ、しわ、にきび、毛穴目立ちなど様々な悩みにも使えるようになっているのです。

それと、一部の人には知られていますが、フラーレンも配合されているのです。

私がフラーレンを知ったのは、皮膚科で、ですよ。ですから、フラーレンは、一般の人よりも医療機関の人がよく知っているように感じます。

肌老化の原因である活性酸素除去の働きがあることと、紫外線対策にもなるということで注目の成分です。

フラーレンはメラニンの産生を抑える効果があるといわれています。

このフラーレンを高濃度に配合している商品のみ表示できる「ラジカルスポンジマーク」というものがあります。これを目印にしておいてください。

どこかで見たことがあるかもしれませんね。サッカーボールみたいなアレです。


余談ですが、このラジカルスポンジマークというのは、フラーレンがスポンジのように活性酸素を吸い取ることから「スポンジ」という文字が入っているのかなぁと考えています。どうでしょう。

もちろんドクターソワのAPP-Cフラセラムには、ついています。


それにプラスして、大豆です。


女性ホルモンのエストロゲンと似た作用のあるイソフラボンも入っていますから、ビタミンCとともに、肌のコラーゲン生成を促します。それが肌のハリにつながるのです。


やはりドクターコスメだけあって、安全性のあるもので、エビデンスもあるものを成分に取り入れているのですね。



ビタミンCは肌のあらゆる肌トラブルに有効!
シミ、シワ、くすみ、美白、毛穴、にきびなど肌トラブルに



ドクターソワのアマランサス化粧品の2つのセラムを比較!合わせ技で使うとさらに効果が


seramfutatu (2)

ドクターソワでは人気のセラムがもうひとつあります。そちらについては、この記事を参照ください→
ドクターソワのモイストリフトプリュスセラムの口コミ


上はドクターソワの2つのセラム(モイストリフトプリュスセラムとAPP-Cフラセラム)を一度に塗った時の写真です。


白いのがモイストリフトプリュスセラムで、透明でよく見えないのがAPP-Cフラセラムです。


ヒアルロン酸も配合されて保湿効果もあるので、インナードライの人にもいいです。
(ニキビができやすい人は、皮脂が多いので脂性肌と思いがちですが、実は、インナードライということがけっこうあります)。

進化系ビタミンC誘導体ですから肌に100倍浸透するので、違いがわかります。


他の人の口コミでも
「エステにいく必要がなくなった」だとか、
「お友だちから、基礎化粧品は何を使っているのかと聞かれるようになった」と言われるくらいです。


自分より、他人のほうが違いをわかってくれるのかもしれませんね。

それと「油モノ、揚げ物が好きなのに、にきびに悩まされなくなってきた」とか、「くすみにが抜けてきた、肌が柔らかくなってきた」という声もあります。

こう見ると、年代、肌質(乾燥肌、敏感肌、脂性肌)、性別問わず利用している人が増えているのですね。


シミにもいいし、皮脂の分泌も押さえてくれるし、コラーゲンの産生をサポートしてくれるしで、けっこう幅広い年代に使える商品だとは感じていました。


肌荒れや、くすみにも効果を期待できます。


ドクターソワのアマランス化粧品をはじめて使うなら、このAPP-Cフラセラムからはじめるといいですね。万能っていう感じですよ。

モイストリフトプリュスセラムはリフトアップ対策


上の写真にあるように、プラスして肌のハリや弾力もほしい人は、公式サイトの真ん中あたりに「モイストリフトプリュスセラム」と「APP-Cフラセラム」とセットで買えるようになっていますので、じっくり検討してみてください。


両方使うと、肌のモチモチ感がアップしたように感じました。
同時に2つ使ったら、ほんのり温かく感じて、とても不思議な感覚でした。

モイストリフトプリュスセラムは、白くとろみのあるテクスチャーで、肌の弾力にいい美容液です。

即効性のあるフェイスリフトDMAE(筋肉の収縮を助け肌を引き締める成分)を高濃度配合なので、 ぬるだけで肌のハリのある肌作りを目指します。←これはあくまでもモイストリフトプリュスセラムのほうに入っている成分


なんと言っても「リフト美容液」となっていますから。

これは自分の肌にぬってみないとわからない感覚です。

肌のハリ不足やたるみに悩んでいる人は、モイストリフトプリュスセラムもどうぞ。

ドクターソワのAPP-Cフラセラムの値段は通常購入と定期購入で違いあり


さて、APP-Cフラセラムは、定期購入するとお得です。お得なお値段が続きます。
超浸透型のビタミンCを定期購入なら、コスパがいい買い物になります。

ただ、定期購入がどうしても心配という人もいますので、個別に買うことができる通常購入もあります。

買うかどうか悩むくらいなら、通常購入もできますよ、ということです。

ただし、定期ではなく通常購入だと8,640円になりますが(目立たないですが、よく見ればサイトの下のほうに書かれていますので、探しながら注意して読んでください)。


しかし、お得なのは、やはり定期購入です。

定期なら初回は30%オフになります!
6,048円になりますから、お得感がありますね。

2回目からは、15%オフになります。

サイトで確認

>>>>超浸透型ビタミンC!APP-Cフラセラム



このエントリーをはてなブックマークに追加

口コミ書きます!シミに直接ホワイトショットSXを塗ってみた

ポーラの中で悩み対策シリーズが、ショットシリーズです。
シワ改善には、リンクルショットで、美白はホワイトショットです。

2018年、ホワイトショットはリニューアルされました。
早速、サンプルを使ってみました。

テクスチャーは、以前と同じ感じです。

成分は違うので、買うのなら、新しいものがおすすめです!

そうそう、それと新しいホワイトショットは美白、UVグランプリを受賞ですって。
ポーラの『ホワイトショット』が、MAQUIA 5月号(3月23日発売)の、MAQUIA 美白・UVグランプリ2018 ベスト・オブ・ベスト大賞に選ばれました。


FullSizeRender

私の場合は効果があって、私の濃いシミがあったのが、せっせと付けていたら、かなり薄くなって来ました。
ありがたいことです。

やはり、重要なのは、「続けること」ですね。


2018年からは今までの研究を生かして、さらにパワーアップなのですからね。

さて、何が新しいのか。


シミやくすみは、紫外線だけでなく、ストレスや加齢によりメラノサイトの移動がスムーズにいっていないことが原因でもあることをポーラは見つけたのです。

メラノサイトが移動してくれれば、シミになって行かないのにねぇ。

私の動きと同じく、メラノサイトも年とともに、動きがにぶくなるのですね。

テキパキと動いてくれるならいいのですが、動きが一箇所に停滞するとかなってしまうとそこにシミの予備軍がたまります。

停滞した場合は、なんと6倍ものメラノサイトの量が増えるのですって。

そのような居座って困るメラノサイトに着目したのがポーラです。

ストレスや加齢によって居座ることを発見したのです。

停滞したメラノサイトがメラニンを過剰に作ります。


メラノサイトの移動に着目してポーラオリジナルのm-Aエキスが配合されているのが、新ホワイトショットです。

メラノサイトの居座りを解除すればシミもクリアになるのです。メラノサイトを本来の動きにしてメラニンを作らせる量を適切にすればいいだけのことですからね。


簡単に言えば、居座るメラノサイトを居座らせない、ということです。


そうした新アプローチによって出来たのが、ホワイトショットSXSとホワイトショットCXSです。


パッケージもほぼ同じなのですが、「White shot」の文字の下に、小さな赤い丸ポチが付いています。

「視点の変換」をイメージしたデザインとのこと。 


今までと同じく、顔全体にはホワイトショットCXSを使いまして、
気になる部分にピンポイントのポイントケアがホワイトショットSXSです。


さすがは、ポーラなのですよ。研究力が違います。

でも、ポーラの製品は優秀なのはわかるけど、金額が高いので考えちゃうなと思いますよね。

しかし、思ったよりも長持ちするので、良い製品を長く利用できます。

特に、SXS、ポイントだけに部分使いですから、本当に減りません!


安いけど効果がない化粧品を使い続けますか?
それとも、効果を実感できるものを使いますか?

ということです。


エルメスのバッグは非常に高価だけど、質がいいので何十年も使えて、結局は安物を毎年買い換えるよりもずっとコスパが良かった、というのと同じです。



ただポーラを使ってしまうと、どうにもこうにも、他の製品では物足らなくなってしまうのが玉にキズなのであります。


本気の人には、最終的にはポーラなのです。

ホワイトショットを詳しく知りたいなら、ポーラの公式サイトにて確認


>>>>ホワイトショットシリーズを公式サイトでみてみる


以上が、最新のものを試した時の追記です。

以下は、以前に書いたブログ記事になります。

ポーラのホワイトショットを使っているので口コミをブログに




今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

以前からPOLAは、研究力を高く評価されていましたが、2017年は「リンクルショット」でかなり有名になったおかげで若い人にも知られるようになりましたよね。


さて、美白といいますが、世の中には美白用の化粧品が多く存在して、そのどれもがいまいちだったという経験はありませんか。


今日は、そのような美白化粧品に満足できなかった人にお伝えいたしましょう。


価格がそれなりですと、含んでいる有効成分もそれなりになりがちなので、なんだか実感できないなとなるのです。

それに、そもそもシミを消すのは医療です。皮膚科に行ってレーザーです。


しかし、そこまでやれない人って多いと思うのですよね。それに、レーザー当てても完璧とは言い切れないので、またもや、シミが出てくる、と言う話は聞いたことありますよ。

レーザーもあてにならないなら、化粧品でなんとかならないか、と思いますよね。それに、病院行くのは面倒だし。


そういうことで、研究力に定評のあるポーラを試してみることにしました。


ネットでは、シミが消えたとか書かれているものさえあったのですが、そこまでいかなくても効果があるといいなぁと、思いまして。


シワに効くというリンクルショットを出したあのポーラですから研究開発にチカラを入れているのはわかります。なんせリンクルショットに15年も研究にかけたそうではないですか。

では、美白の場合は?

さて、美白のポーラは、ホワイトショットのシリーズがあります。

その中でも目的別に特に人気のあるのが、SXとCXです。


ホワイトショットSXはこれです。クリームタイプです。私のおすすめは、実はこちらのSXなのです。

だから、こちらのSXを先に書きましょう。
CXは下の方に書きます。

使い方も伝授いたしますので、最期までをご覧くださいね。


今回は、SXとCXを比較しながら、両方ご紹介いたします。


>>>>ホワイトショットシリーズを公式サイトでみてみる


ホワイトショット効果が出るかどうかは「継続」がカギ、肌の透明感を出すために

このホワイトショットSXはいわば、「狙い撃ち」です。


気になる部分に直接塗ります。美容液ですが、クリームタイプのテクスチャーです。クリームタイプなので、ある程度粘度がありますから、有効成分もとどまりやすい。こっくりとしたテクスチャーで肌に密着です。

ホワイトショットSXには美白有効成分ルシノールが配合されています。

今まで美白美容液を使ったことがあるでしょうが、「狙い撃ち」タイプを使ったことはありますか?


部分付けできるのがホワイトショットSXのほうだと覚えてください。

指で伸ばすというよりも、チューブの出口が斜めになっているので、そこから皮膚に直接付けます。
そして指でしばらく抑えるくらいでいいのです。

簡単ですよ。そして簡単だからこそ、続けやすいのです。
いくた美白有効成分が良質なものだとしても、毎日使わずに、「気が向いたら使う」程度なら効果は半減です。

肌のターンオーバーは、28日と言われてますが、それが50代では75日と言われています。

そこまでやらないと、変化がでないのに、最初は熱心なのに、すぐに飽きてしまっていては元も子もないです。

それにホワイトショット、特にSXの使い方は下に写真を貼っておきましたが、とにかく簡単ですからね。

ホワイトショットSXは、肌に密着性の高いものを使っているので、ピタッと止まってくれて化粧膜を形成します。


集中型がホワイトショットSXだと思ってください。

以下に、どのようなテクスチャーなのか、わかるように写真を出して説明します。


>>>>ホワイトショットシリーズを公式サイトでみてみる

気になる部分に密着して有効成分を肌に届けるのがホワイトショットSX






私の肌に乗せた写真では、真っ白というよりはベージュかかってみえてますね。実際は、もっと白いものでしたが。チューブの口から少し出ているものは、白くみえますので、写真の撮り方かもしれません。
 





こくがあるクリームです。これなら肌に密着してくれますよ。
その場限りでなく、長時間、肌にとどまってくれるのがメリットです。
 

ホワイトショットSXの使用方法




ホワイトショットSXの使い方は、シミなどの気になる部分にチューブから直接出して置きます

直接つけるタイプですが、今回は、特別に、私の指の上でどのようなテクスチャーなのかお見せいたしましょう。

使う量としては、小さめの真珠1粒くらいでいいのだそうです。

上の写真ではちょっと多めかもしれません。


ほんのちょっとでいいので、1回買いますと、けっこう長持ちいたします。


最初は、値段が高いと思うかもしれませんが、コスパよし、なのです。長持ちしますから。


あなたが使う時は、直接お顔の気になる部分にチューブから出してつけてください。

いいですか。ここがポイントですよ。

美容液の有効成分を浸透させるように、指で5秒くらいやさしく抑えます。

ポーラのホワイトショットSXの使い方についてはこちらにも


image


このような感じです。大事なのは、やさしくです。チカラを入れてはダメですよ。それでなくてもメラニンは、肌への摩擦でできるといわれていますから。

5秒でいいのに、なんだか長めに指をおいてしまいました。

最後に、指でくるくると肌になじませます。

この方法なら、長時間肌にとどまってくれますね。


この美容液には美白有効成分が入ったエマルジョンなのでピタッととどまりますし、有効成分が中に含まれていますから、効率がとてもよいです。


私としては、クリームタイプの美白美容液なら、このホワイトショットSXが一番いいと感じてます。
未だに続けてますから(とにかく長持ち)。


ホワイトショットSXについては、だいたいイメージできましたでしょうか。

気になる部分にピンポイントですよ。
研究力には定評のあるポーラの製品をどうぞ。

最初買う時は、高いなぁと私も思いました。

しかし、元が取れたと今では思っています。



さて、ポーラの製品は、公式サイトで買うのをおすすめします。

公式サイトからなら、美容部員の人に、予定外のものまで勧められて買ってしまうこともありません(^ ^)

断るのが苦手な人はネット通販がいいですよねぇ。


また、公式サイトから買うと、新製品が出たら、試供品を送ってくれますし、その他定期的にも試供品を送ってくれますよ。ポーラはほとんど、トライアルセットを出していないので、公式サイトから買うといいのです。


さらにメルマガ登録しておくといいですよ。

注文の際にメルマガ会員だけに特別につけてくれるちょっとしたプレゼントもあったりしましたよ。


ホワイトショットに興味を持ったら、公式サイトで確認

>>>>公式サイトでホワイトショットシリーズをみてみる


次は、ホワイトショットCXについてです。

美白の効果が高いといわれる伝説の名品ホワイトショットCXの口コミです


こちらの美容液も10年の歳月をかけたという美白有効成分ルシノールが配合されています。

ホワイトショットSXと何が違うの?ですよね。

ホワイトショットSXは本当にピンポイント

ホワイトショットCXは顔全体、です。


ホワイトショットCXは化粧水のような液状ですから顔全体に塗ることができます。

肌のトーンアップをしながら、うるおいも顔全体に与えてくれます。


シミが一つだけとか、2,3個だけならいいのですが、そばかすが全体的にとか、くすみが心配という人は、顔全体に使える美容液のほうが効果的です。

肌に浸透しやすい液状だからこそ、顔全体に行ってください(笑)。

他の美白美容液よりも浸透性はバツグンです。


ホワイトショットのシリーズを通じていえることは、「セルフクリア機能」に着目していることです。

メラニンを抑えるは、どの化粧品会社も言っていますが、肌本来の機能を高めるということに着目しているのがPOLAです。


肌は本来自分でメラニンを分解するチカラを持っています。それが年齢とともに衰えてくるのですが、その本来の機能をお助けしてくれるのですね。

さて、ここで豆知識を。

先ほどのSXとこのCXとは、何の略か知っていますか?

image


少し考えてみてくださいね

↓↓↓


↓↓↓

考えてみました?


SXは、Spots(シミ)であり、XはeXpert(専門家)という意味です。シミのスポットを専門に、ということです。

では、CXは、といいますと、

Color(肌色)であり、Xは同じくeXpert(専門家)という意味です。顔全体を輝く肌色を目指したエキスパートということです。


肌の色が違ってくるので顔全体のトーンが明るくなります。


image

やはり、なんだかんだ言っても、ポーラは品がいいのですよねー


>>>>公式サイトでホワイトショットシリーズをみてみる


40代、50代はマストだが、30代から始めたい

30代の人には、美白、美白と言ってもあまりピンときませんよね。でも、そばかすは出来始めていませんか?



シミは年月をかけてじわじわと肌の表面に出てくるので、それで、30代からやっておくといいのですよ。


では、40代、50代では遅いのかというと、とにかく気付いたらスタートです。

お値段的にも、40代以降の本気度が高い人向きかな。

病院のレーザー治療と違って化粧品での対策は長期戦ですし、最初は、現状維持でも充分効果があるということですよ。

だって、シミやそばかすは増えてやる、増えてやると次から次へと待ち構えていますからね。


image

ホワイトショットCXは、このように蓋をあけると、スリムな形状です。

最初見た時はごっつい感じがしましたが、このように蓋をあけると液状の美白美容液だとわかりやすいですよね。

下の写真でわかるように、25ml入っております。

ここで黄色いフィルターのお話をいたしましょう。


image



>>>>ホワイトショットシリーズをみてみる


くすみ、特に黄ぐすみや、日焼けあとのシミ、そばかすに

最近、肌が黄色くくすんでいると感じている方には、よく知っておいてほしいことです。

同一人物に黄色いフィルターを加えて写真を撮ります。

同じ人に、ですよ。

黄色いフィルターをかけて撮った場合と、黄色いフィルターをかけないで写真を撮った場合を比べると、黄色いフィルターがあるほうが老けた印象になったということです。


まったく同じ人なのに、そう見えるのです。

これは顔全体が黄色っぽい人にありがちですね。


これと同じことが30歳を超えたあたりから徐々に現れてくるのだそうです。

この原因は主に、黄色っぽく変色したたんぱく質が真皮層に蓄積する「糖化」が原因といわれています。

真皮のたんぱく質を黄色っぽく変色させてしまうのは、たんぱく質と糖が結合する現象から「糖化」と呼ばれています。

さらに、この糖化ですが、年齢とともに進行するといわれ、黄ぐすみだけでとどまらず、ハリや弾力が低下してたるみにも影響が出るとも言われています。


そのため抗糖化を考えないといけません。

化粧品業界内でPOLAが得意といわれるのが糖化対策です。

研究力があるのは認めますが、やはり、金額が高いですよね。そこがポーラのデメリットでしょうね。最初がどうしても高く感じてしまう点です。

品質が高いのは、わかるがお値段も高いと。

大切に使うから長持ちするのですけどね。最初がどうしてもお値段高く感じてしまいます。

よくよく考えたら、安物買って失敗するより、長持ちするから実はお得なのに、人はどうしても最初の値段を考えてしまいます。


image



>>>>公式サイトでホワイトショットシリーズをみてみる



口コミだけでなく、使い方も書きましょう。

ポーラのホワイトショットCXの使い方ー液状だから顔全体に

手の甲に乗せて写真を撮したのですが、どうも肌に浸透してしまったようであまりよく見えませんね。

ということで、手のひらに乗せてみました。

このように液状ですから顔全体にバシャとつけることができるのですね。


この液状の中に、ナノカプセルが入っていて美白有効成分を効果的にメラノサイトにまで届けるのです。そこがまさに、美容液ですよ。パシャッと付けた後は軽くハンドプレスですよ。


手に取り出して、顔に抑えるようにして塗ります。両手でしばらく顔全体を抱え込むようにするといいですよ。

そうそう、ホワイトショットCxを使っていますと、くすみが取れますので、一時的にシミが増えたように感じるかもしれません。

シミが増えたわけではないのですが、今まではくすみのおかげで目立たなかったのが肌に透明感が出て、白くなることでかえって目立つようになるのですね。


それで、効かない!とかシミが増えた!とか、早合点しないほうがいいですよ。

シミのタネみたいなシミ予備軍は見えないのにとどまっていますからね。

ホワイトショットCXは全体的にくすみをとって白くしていくイメージです。

ホワイトショットSXは特に濃いシミを集中的に、といった使い方です。



image


くすみについては、少しコツをお伝えしますと、洗顔後に炭酸泡を使って血行をよくするといいですよ。

血流の低下や代謝が悪いとくすむので 前もって、炭酸泡で血の巡りをよくしておくのがコツなのです。


その後に、美白美容液を塗るといいんですよー。

炭酸泡については、またいずれ書きましょう。

さて、ホワイトショットSXとCXですが、併用するのが一番いいのですが、どちらかひとつと言ったら目的別に選ぶといいです。


シミがピンポイントであるならSXですし、
そばかすが広がっているとか、顔のくすみを対策したいとなったら、顔全体に塗れるCXですね。


私の場合は、すでにシミがあったので、SXがいいな!!と思いましたね。


予算がある人なら、両方ですよ。

ピンポイントの対策も大事ですし、顔全体のトーンを明るくするには、顔全体にも塗れるものが必要ですからね。


両方使うのがいいとわかっていても、ムリだなぁと思うのなら、SXからスタートしてみてはいかがでしょう?

両方使うのでは続けられない場合、私のおすすめはSXですからね。



さてポーラは、公式サイトからの購入ですと、新製品が出るたびに情報だけでなく、試供品もらえるので、公式サイトからの購入をおすすめします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

<h3>肌のくすみに上質な美容美白オイルを</h3>
前回は、 ( フラウ4月号を読みまして、美白対策もあり )美白対策を始める時期になっていますよ、と話しを書きました。

薬用美白オイルが、雑誌「美的」とLOFTのコラボでも紹介されていました。 

そのコラボで紹介されていた乾燥だけでなく美白もできるというスグレモノのオイルを知りました。

そこで、今日は乾燥肌、頬が乾燥しやすい混合肌の方の美白対策として、上質なホースオイル(薬用美白オイル)をブログにて、ご紹介しましょう。

なお、同じ美容オイルでも植物性(クランベリーオイル)の場合は、以前に書いた記事(毛穴を引き締めて乾燥を防ぐ100%天然の美容オイル(クランベリーオイル)を使ってみた)をお読みください。


今回は、美白用のオイルです。

美白より保湿をしたいわぁという人は、まずはこのオイルから、いかがでしょ? 

備えあれば憂いなしということです。

とかく日光をあびやすい部分は、乾燥しやすく、色も黒くなりがちです。乾燥すると小じわにもなりますからね。


日光があたらない部分、あなたのお腹でも、腕の内側でもいいです。その部分と日光が当たりやすい手の甲なんかと比べてみてください。

日光が当たりにくい部分のほうがしっとりしていませんか。保湿になっているのですね。それに対し、日にあたるほうは、乾燥はするわ、シワは多いわ、色は黒いわで、とにかく比べてみると、同じ人であっても違うのです。それだけ、知らず知らずのうちに肌にダメージうけてます。


このオイルは、「薬用」でもあり、「美白」でもあるオイルです。

オイルですから、浸透してお肌の角質層からの水分の蒸発を防ぐことになって保湿になりますし、この薬用美白オイルには、ビタミンC誘導体も入っているので、美白効果が期待できるのです。



このホースオイル、すなわち「馬油」は熊本県の製品なのです。熊本県は馬肉の生産が1位なのですが、食肉用の馬は脂が良く、特に熊本県の馬油は上質だということ。最高級のオイルですから、そこらのオイルとは、違うのです。

そして、ホースオイルは人間の皮脂に近いので、肌に塗ってからの浸透がしやすく、肌に潤いを与えなめらかにします。

効能、又は効果として書かれているのは(外箱の写真を参照)、
肌あれ、あれ性。メラニンの生成を抑え、しみ、そばかすを防ぐ、肌を引きしめる、肌を整える、皮膚を健やかに保つ、皮膚にうるおいを与える、

などありまして、多機能なオイルなのです。

皮膚にうるおいがないと、小じわの原因になりますからね。

洗顔後すぐの肌に使ってもいいし、スキンケアの最後に使っていいし、さらに両方使いすることでもいいのだそうですよ。

そこまですれば、お肌にツヤがでます。 




ホースオイルに感動!

馬油と聞くと、脂っぽくなるかと思ったら意外とサラサラでした。

スポイト式なので、液が垂れるとかしませんし、必要な分だけ出せます。
私は、挟み使いまではしなかったのですが、肌はしっとりしてうるおいましたねぇ。

オイルが良質だと肌にも浸透しやすいのですね。何しろ、オイルにビタミンC誘導体が入っているということが、美白を気にする人には保湿にもなり、いいですよ(美白に詳しい人なら、ビタミンC誘導体が重要なことは知られていますよね?)

こういうものは、塗った翌朝の肌でわかりますね。




このホースオイルですが、お顔に使うだけでなく、髪の毛や頭皮をマッサージする時にもいいということなので、今度は、髪や頭皮に使ってみようと思っています。

ここのところ、髪がパサつくことが多くなっていたので、トライです。


ホワイトニングオイルという、保湿もできて美白対策にもなるという、上質なホースオイル(マスターホース)をぜひ、チェックしてみてください。


熊本の製品ですが、ロフトwebサイトなら、購入出来ます。
税込3,240円以上なら、宅配送料無料ですから、ついでに他の小物を一緒に買うといいですよ。

nanacoポイントも貯まりますし、宅配にこだわらなければ、送料無料でセブンイレブンでの店舗受け取りもできるとのことです。


ここをクリックしてチェックして見てくださいね。
>>>>マスター ホース C エポナ
このエントリーをはてなブックマークに追加

肌潤美白お試しセットはコーセーの基礎化粧品の美白用トライアル(化粧水、美容液、クリームそして石けんも)

FullSizeRender


今日も、ブログを読んでいただき、ありがとうございます。


【追記】米肌美白がリニューアル


最新情報を追加します!

2019年3月1日から、新しいコーセー米肌の美白シリーズが誕生です。

私は、米肌の購入者会員になっているのですが、そこのメルマガで知りました。
名前も、澄肌美白から、「肌潤美白」に変わります。

「保湿」もできて「美白」もできる化粧水、美容液に生まれ変わります。

うるおいのある美白を目指す、とのことで、「高保湿美白」なのですって。

だから、肌の乾燥しやすい人で美白も使いたい!という人にピッタリです。
シミも気になるけど、乾燥も気になる、という人以外といますからね。


これが「新」米肌美白です。できたてホヤホヤです。

FullSizeRender


リニューアル後の美白有効成分は、トラネキサム酸。

メラニンの生成を初期段階で食い止めてくれるのだそうです。
ということは、シミを未然に防ぎますね。
「つややかな美白肌をキープ」、とのことです。

うるおいは、こちら。保湿成分としては、ライスパワーNo7です。

美白用化粧品というと、乾燥しやすい、保湿がもの足りないという声があります。

新米肌、肌潤美白は、化粧水から違います。
冬でも使えそうなしっとり感です。肌につけた後が違ってます。

美白美容液(エッセンス)も、乳液みたいな感覚でしっとりします。


保湿力に優れた「ライスパワーNo.7」ですからね。

これは美白シリーズとしては業界初だそうですよ。ライスパワーと美白有効成分のコラボです。

乾燥してくすみがちな肌には、保湿が必要です。

洗顔石鹸から化粧水を使って、美白美容液も使いますと、肌がもちもちなのです。
最後のクリームは、肌潤シリーズに入っていたものと同じです。
重たさがなくて、よく伸びます。

今回のリニューアルは、化粧水とエッセンスが変わりました。

《肌潤美白 化粧水》
くすみが気になる肌にもキメがととのった明るい印象の肌に導きます。

・無香料、タール系色素フリー、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー

《肌潤美白 エッセンス》
透明感をあたえ、つややかな明るい印象の肌に導きます。
・無香料、タール系色素フリー、鉱物油フリー


新米肌の美白は、1年を通じて使えますよ。

リニューアルした肌潤美白、まずはトライアルセットを試してみてください。



以下、リニューアル前の旧商品の写真になります。
*********************************

保湿でしっとり美白の秘密はお米のチカラ

40代後半から50代にかけての私たちの年代なら、化粧品といえば、KOSE(コーセー)ですよね。

私なんか初めて、就職活動でメイクをするようになったのですが、初めて買ったのがコーセーの化粧品です。資生堂の人、カネボウの人もいたけれど、私は小林コーセーですね。それなので、愛着があるのです。


実は、コーセーの基礎化粧品には、米肌(まいはだ)という通販限定のシリーズがあるのです。

それも、シミ、そばかすを防ぐ美白用の基礎化粧品があったのですよ。


通販限定ですから現物が見られないので、まずはお試ししてみたいではないですか!!
いきなり商品を買うよりも。

だから、トライアルセットです。



石けん、化粧水、美容液、ジェルクリームまでついたお得なトライアルセットがあるのですよー。


サイトでみるとわかるようにホント豪華なセットです。


知っている人もいるかもしれませんが、通販のほうが、コストカットされていますから、成分もたっぷり入っているわけですからね。

コーセーの美白用の基礎化粧品を試してみたかったあなた(それもフルラインで)、トライアルできるチャンスですよ。


本来は美白ケアは1年中通じてやるものなのです。シミはさまざまな要因で濃くなるので、美白は夏だけではなく、1年を通して朝晩、根気よく続けましょう。

それでも紫外線が強まってくる3月からは「特に」美白を強化した基礎化粧品をお使いください。


紫外線量は4月あたりからぐんぐん高まり、日やけ止めの大切さを認識するけれど、うっかりしがちなのが曇りや雨の日です。

ピーク時は曇りや雨でも強い紫外線が降り注ぎ、常にダメージを受けているのです。

3月から徐々に紫外線量が増え、8月をピークに10月くらいまで紫外線が強いですから、気を抜かないでくださいね。

特に、秋冬で、美白のスキンケアしていないと、リバウンドしてしまうのでって。


コーセーの研究によると、老けて見えるのは、顔にできる「影」なのですって。

30代と50代では、肌のデコボコが違っていることも、顔に影を増やしています。

シミは頬や目の下など顔の目立つところにできますからねー
乾燥した肌は、みずみずしさが不足して透明感も出てきません。肌のくすみになりやすいですよ。
シミ対策とともに、肌にうるおいも必要なのです!

せっかく美白用化粧品を使っても、しっかり保湿されていないとシミの原因となるメラニンを含んだ古い角質が剥がれ落ちていかないことになります。これもくすみの原因にもなります。

肌のターンオーバーには時間がかかるため、シミやくすみに効果を感じるようになるには、ある程度続けることが大事です。

コーセーの澄肌シリーズは、肌を潤いで満たすことで肌の透明感を高めます。澄肌美白化粧水と澄肌美白エッセンスは美白有効成分を含んでいますから続けることが肝心です。

継続が実は近道です。保湿ケアにも手を抜かず、美白を続けることこそが、透明感ある肌になるコツなのです。

美白は、大手化粧品会社のほうが安心して使えますよ。



シミ対策の基礎化粧品!通販限定の米肌(まいはだ)と読み、成分にライスパワー


a0002_011614

コーセーの「米肌」には、シリーズがいくつかありまして、その中でも白いお米のイメージにぴったりなのが、この「澄肌美白お試しセット」です。

澄肌美白が目指したのは透明感のある輝きとハリです。

肌本来の光バランスに着目して、美白と米肌独自の「お米と発酵の力」で角層奥までうるおいを満たすと同時に過剰なメラニンの生成を抑制します。



石鹸、化粧水、美容液、クリームの4種ついています。

美白用として特化しているのですね。


お試しセットなのに、フルラインなのです。洗顔石鹸からついています。


美白に関係するコーセーの基礎化粧品の基本ケアセットをお得にお試しできるのです。


だからこそ、このトライアルセットを一度、お試してしていただきたい!

美白というとシミをついつい考えますが、くすみも考えているのがコーセーです。

KOSEの米肌で私たちの肌も発光するような明るさをめざしていきましょう。

実際のテクスチャーで口コミを!シミ、くすみ、そばかすでお悩みなら

お試しセットなんてどこもみな同じ、と思ったあなた。

コーセーは違います。お試しセットなのに、太っ腹の14日分ですよ!!
(7日分とかではありません!)

14日間と、箱にも書いてあります。


7日程度ではいいかどうかわからない人でも、14日も試したら自分に合うか合わないかが、わかります。

美白化粧品は続けることが重要ですからね。自分に合わない基礎化粧品は続けられないですものね。

シミの部分は人間本来が持つターンオーバーで排出されていきます。

若いうちは28日周期と言われ、年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期は伸びていきます。

そのため、美白用化粧品の美白有効成分の効果で、過剰にメラニンが作られなくなっても、ターンオーバーの期間を考える必要があります。
このため効果を感じるまでにある程度期間がかかるのです。

やーめた、とならないのがポイントですよ。

年齢が高い人こそ効果が出てくるまで日数がかかるので長く継続して使えるかどうかも美白基礎化粧品を選ぶ時のポイントです。ターンオーバーで、シミの部分の角層の細胞が変わってくると、肌色が明るくなってきます。

ターンオーバーはシミがある部分とない部分では速さが違うので、シミがある部分は、ターンオーバーが遅くて、シミがない部分はターンオーバーが早いのです。


美白のスキンケアは続けることが大事であって、諦めたら、そこで終わり、です



コーセーの米肌シリーズは、すべて日本人になじみの深い、ずっと食べているお米のエキス配合ですよ。

美白化粧品に配合されている美白有効成分は、シミそのものを消すのではなく、シミのもとである「メラニン」の生成を抑えるものです。

シミ自体を消すのは、病院での治療になります。レーザーを当てるなどです。


美白有効成分が入っている製品の説明書には「美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと」と説明されていますよ。

日々の基礎化粧品でのお手入れで過剰なメラニンの生成が抑制されます。

それでは、ひとつひとつを簡単にご紹介しましょう。


image


トライアルセットに入っている石鹸は、15gです。


トライアルセットを購入した人は、忘れがちかもしれないので、前もって言っておきますが、化粧水を先にお試しせずに、ぜひ、「石鹸から」通しで使ってください。

この米肌の石鹸、「ブースターバブル」と言われるくらい保湿効果があって、次に使う化粧水の効果を引き出します。この石けんを使ってから化粧水を使うと、すうっと入っていきますよ。

必要な潤いを残したまま、毛穴の汚れをすっきり取り除きます。

ネットを使って泡だてますと、さらに良いです。細かい泡がきめ細かくてふんわり泡です。

後から使用する基礎化粧品の肌なじみを良くしますので、お忘れなく!!

とにかく、この石鹸は14日間セットというのに、長持ちして、お得ですよー

40代の肌に薬用美白化粧水で効果をアップ【澄肌美白化粧水】

くすみが気になる肌を明るい印象の肌に導くための薬用美白化粧水です。

美白有効成分がメラニンの過剰生成を抑制です。 


米由来の保湿成分と発酵の力で、角層をなめらかに整え、澄みきった肌へと導きます。

「米肌」というだけあって、米発酵液、米ぬか酵素分解エキス、イネ葉エキス、さらに肌にいいと昔から言われているハトムギ発酵液などが入っています。

浸透感が高くベタつかないので、肌にたっぷりうるおいを与えます。一年を通して使いやすい感触です。

美白、美白とそちらに頭がいきがちですが、しっかり保湿をしないとメラニンがある古い角質が落ちていかなくなり透明感が欠けますよ。

保湿もしながら美白のお手入れを続けることが透明感のある肌を保ちます。

その点、米肌澄肌美白なら、みずみずしいうるおいで透明感を引き出します。



maisui




「超微細乳化技術」で乾燥からくる「くすみ」が気になる肌に、透明感を与えるというコンセプトですからね。

みずみずしいうるおいで、美白有効成分が肌に浸透します。

ところで化粧水をつけるとき、手でつけますか?それともコットンを使いますか?
これ、私の知人とも話をしたことがあるのですが、面倒でついつい手でつけてしまうよねと。

しかし、おすすめはコットンづけなのです。
コットンのほうが、肌全体にムラなく化粧水を肌につけることができるからです。

手でつけると、どうしてもムラが出てきます。無意識のうちに、よくつけているところと、そうでないところとにわかれていますよ。

ですから、顔全体にびしゃびしゃいくのでなく、ちょこちょこ細かく分けながら丁寧につけます。

またキメを整えてくれるのがいいではありませんか。これぞ、基礎化粧品なのです。


50代には美白美容液(エッセンス)が2つの有効成分配合で効果を期待できるから、おすすめ


image



シミを防ぎながら、くすんだ肌に透明感を与え、明るい印象の肌にする、というわけです。

肌あれを防ぎながら、メラニンの過剰生成を抑えてくれるという美容液です。

お米由来の保湿成分と発酵の力で、角層をなめらかに整え、澄みきった肌に導きます。


使い心地の良さに定評がありまして、表面はすべすべとなめらかなのでベタつきません。
肌をすこやかに整えながら、シミ・ソバカスを防ぐのです。



そうそう、美白有効成分は規定量使うことも重要ポイントですから、ケチって使うことも、なかなか効果が出ないことになりますよ。
多すぎも問題ですが、説明どおりの量をたっぷり使うことも肝心です。

メーカーでは、顔全体に十分に行き渡る量を計算して出しているのだと聞きました。

量を減らすと、結局、せっかく入っている有効成分の効果が十分にいきわたらず、かえって損してしまうことになりかねません。


image

この薬用美白エッセンスは、忘れてはなりませぬぞ。LEEのベストコスメ美白スキンケア部門で受賞です。

くすみは、顔全体だけでなく、目の周り、目元も気になりませんか?

みずみずしいタッチで浸透がいいから乾燥からくるくすみに透明感を与えて、明るい印象の肌に導きますよ。

美容液というと粘りがあるタイプもありますが、コーセーの薬用美白エッセンスは、みずみずしい質感です。つけたあとも、ベタつかずさっぱりします。

みずみずしい質感のまま肌の上でエモリエントカプセルがはじけて、エモリエント成分が角層奥まで浸透します。

そうそう、コーセーのサイトで、「発酵」美白=発光美肌と書かれているけど、「はっこう」と同じ読み方を使っているだけじゃないの、という人もいるようですが、何もウケをねらっているわけではありません!!


お米を発酵させるとアミノ酸、糖類などが増えるのですね。

そのことで、うるおうとともに、肌表面がなめらかになり、光透過効果と光反射のバランスが向上することが期待できるから「発光」といっているのです。

今はシミが無くても早めにケアしましょう。

中高年は乾燥しやすいので、肌潤ジェルクリーム


image


このように、ジェルクリームは、みずみずしくプルプルのテクスチャーです。

みずみずしい使用感はすぐにわかります。

たっぷりと配合された保湿成分が素早く肌になじみます。

モイストキープ&バリア効果で、長時間うるおいを肌にとどめます。

夏の保湿や、クリームが苦手な方にもおすすめです。

日差しが強くなってからは、これくらいのほうが気持ちいいですよー




化粧水、美容液だけでなく基礎化粧品全体でうるおいを与えシミやくすみの対策へ

シミの話をすると出てくる言葉がメラニンです。
メラニンとは、表皮にあるメラノサイトでつくられる色素のことです。

メラニンは、アミノ酸の一種であるチロシンが、酸化されてメラニンへと変化したものです。

メラニンは人の肌色の違いがおきる要素の一つで、肌色はその人が持つメラニンの量によって違いがあります(メラニンの中でも種類があるので、その割合が個人で違います)。


紫外線などの影響により、過剰にメラニンが作られると、その部分がシミとなります。

さて、シミにはメラニンの生成を抑えればいいのでしょ?と思いますよね。
それがシミの原因みたいなものですから。

それはそうなのですが、それよりも重要なのがあるのですが、何だと思いますか?

それは、、、

保湿です。乾燥から守る、です。

透明感のある肌は、水分があってプルプル感がありますよね。

保湿成分も重要!!ということなのです。

曇りガラスが水分によって透明なガラスになるように、です。

実は肌にうるおいを与えてからのほうが美白にとっていいのです。

ですから、美白化粧品は保湿もできるタイプのものを選ぶといいです。



美白化粧品は特に!安心安全の大手企業の製品を


やはり、基礎化粧品は信頼できる大手の化粧品ですね。


店舗用よりもビューティーアドバイザーなど人件費がかからなくてコスパがいいのが、通販限定の商品ですよ。

コーセー、特に米肌は、日本人女性の肌を研究していると思うのですよねぇ。

ただ、澄肌美白にもデメリットはあります。

最近、流行の「これ1本だけ!」のようなオールインワンではないことです。
化粧水、美容液、ジェルクリームとラインで使います。


コーセーの通販限定「米肌」シリーズの中でも美白対策は、この「澄肌美白お試しセット」です。

紫外線が強い時期なら、なおさら一度は使ってみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ