お銀のブログ

人気の化粧品、育毛剤(女性用)、行ってみたお店など個人的体験を淡々と書いていきたいと思います。

タグ:石鹸

オーガニックの石けんとして知られる(先日も新聞で大きな広告が出ていた)パーフェクトアンカーを使ってみましたので、口コミを書いておきます。

認定オーガニックの石けんとしてのほうが有名なのかもしれませんね。

パーフェクトアンカーは、米国オレゴンティルス認定オーガニックで、「オレゴンティルスとは、USDA(米国農務省)が定めるNOP(オーガニックプログラム)公認を受けた、きわめて基準が厳しいアメリカのオーガニック認定機関」とのことでした。



英語ではピュア カスチールソープが大文字で目立つように書いてあるので、カスチールソープとして世界中には知られているようです。

私自身は、カスチールソープは始めてだったので、そこまで意識していませんでした。

カスチールソープとは、何かと思っていたら、ボトルには、「中世ヨーロッパのカステリヤ王国で作られていた、 植物オイルを主体とした石鹸。王侯貴族が愛用していたことで知られていれています」と書いてありました。

「この石鹸は、生分解されるので地球にやさしい」というのもポイントに感じる人もいることでしょう。「動物実験も行っていない」と書いてありました。

私の場合は、オーガニックで、いい香りの石けんがほしいと思っていたので、新聞で見かけて買いました。

オーガニック石けんを求めていた人は、ぜひ、ブログ記事を読んでください。





パーフェクトアンカーは944ml入りの全身に使える液体石けん

FullSizeRender


米国製のカスチールソープがパーフェクトアンカーです。
アメリカ製ではありますが、日本人の肌に合うようにアレンジしています。

上の写真を見てわかるように、ワンボトルが、かなり大きいです。

箱の大きさがわかるように、新聞を四つ折りにして隣に置きましたが、感じがつかめるでしょうか。

使っても使っても終わりがないような大きさです(笑)。

だからコスパは、いいですね!お得感はありますよ。当分は、これ1本で持ちます。

最初、開封してまずは、その大きさに驚きます。
アメリカサイズなのでしょうね。これは、小さめのボトルに移し替えようかなと思っています。

とりあえず、このままお風呂場に置いてますけどね。

もう少し小さめボトルがあれば、次はこの香りを買おう、この次はこちらの香りにしようとできるのでしょうが、これほどまで大きいとひとつを長く使い続けそうです。

それにオーガニックと聞きますと、一度、蓋を開けてしまったら、それほど保存が効かないかなとも思うので。

髪にも使えるかとシャンプーもしてみた


FullSizeRender


パーフェクトアンカーは、マルチウォッシャブル。洗顔、クレンジング、ボディ洗浄につかえて、100%天然成分でできています。

合成界面活性剤、合成保存料、合成着色料、合成香料一切無添加です。


成分としては「水、ヤシ脂、水酸化K、オリーブ果実油、香料(エッセンシャルオイル)、ひまわり種子油、トコフェロール(ビタミンE)、アサ種子油、ホホバ種子油、シア脂油、クエン酸」のみです。



パーフェクトアンカーは、オーガニック石けんを使ったことがある人ならわかりますが、皮脂を全部根こそぎ取る!というような石けんではありません。


「1本で顔も身体も洗え、毛穴もスッキリ、メイクも落とせるのにつっぱらず、やさしい使用感」

というのがウリなのです。


完璧なバランスで処方された洗浄成分(オリーブ果実油、ヤシ油、ヒマワリ種子油)と、うるおい美肌成分(ヘンプ油、ホホバ油、シア脂油)がしっとり スベスベ美肌に洗い上げます
となっていたので、「洗浄成分」と「うるおい成分」のバランスが難しいのでしょうね。
あちらを立てればこちらが立たずなのでしょう。

なお、保湿成分のグリセリンはそのまま残っているとも書いてありました。グリセリンは保湿効果が高いですからね。


ボトルには「毛穴の黒ずみやメイクまで落とせるのにつっぱらず」と、書いてありますね。
うるおい美肌成分としては、ヘンプ油(麻の種子油ですね)、ホホバ油、シア脂油が含まれています。

1本で全身が洗えるということで、顔も身体もなのですが、髪にもいけるか!
と思いまして(他にも髪に使ったという口コミも見たので)、シャンプーとして使ってみたのですが、髪がギシギシしてしまいました。

私のような乾燥しやすい人は、やめておいたほうがいいかなと思いました。

配合されている油はどれもオーガニックなので、肌にはやさしいとは思うのですがね。

髪に使ったよ、という口コミもありましたし、髪に使うのはやめておいたほうがいいとの口コミも見ました。

私も脂性の人ならともかく、乾燥しやすい肌の人は頭皮も乾燥しやすいでしょうから、髪もギシギシになりそうなので、やめておいたほうがいいと思っています。


メイクまで落とせる!とのことだけど


FullSizeRender

再度大きさがわかるようにと、ボトルを上から写真で取って、私の指を乗せてみました。

上からみてもこれくらいの太さのボトルです。指1本分はあるかと思われる太さです。

髪に使うのは、断念しましたが、メイク落としとしても使ってみました。

ここ最近、それほど濃いメイクをしていなかったのですが、自分では薄い化粧だと思っていたのに、「メイク落とし」という感じではなかったですね。

「メイクまで落とせる」ということが書いてありますが、そこまで期待できない感じでした。

薄いメイクなら落ちるのですが、バッチリメイクの人は、やはり別途、クレンジングを使ったほうがいいです。


泡立ちも抑え気味で、最初、泡立てネットを使っていなかったら、手のひらで白い泡がねっとりしているような感じでした。

やはりある程度泡がほしかったので、顔を洗う時には、泡立てネットを使いました。

泡がそれほど要らない人は、そのまま手に取って、それを手の上で泡立ててから使っても使えます。

なぜかネットを使わないと、泡があまり出ないかわりに、ねっとりしていました。

それでも洗い上がりはさっぱりして、それなのに余計な油分を取らない感じなので、肌がつっぱることはありませんでした。


身体のほうには、ボディタオルに直接つけました。

私は、いつも合成繊維のボディタオルを使って(それも固めのもの)いますが、それにつけるとけっこうドボドボ行ってしまうので、もしかしたら、スポンジを使ったほうが、すぐに泡立っていいかもしれません。

ボディタオルの人は、量の使いすぎに気をつけたほうが。。。


さっぱりとした洗い心地ですが、つっぱることはなかったですね。

エッセンシャルオイル入りなので精油の香りが軽くてよい

IMG_6887

オーガニックなので、香料として入るというより、エッセンシャルオイルが入っています。

精油ですね。

私としてはもっと香りがあってもいいと思いましたが、日本人向けとしてはこれくらいの抑え気味のほうがいいのでしょう。

それにオーガニック系が好きな人には、プンプンする香りは嫌われそうですものね。

ほんとうに、ほのかな柑橘系の香りでした。洗った後も残り香を期待しましたが、それはなかったです。

レモングラスもオレンジも柑橘系です。

ただし、油もすべて天然成分なので、エッセンシャルオイルも天然成分なので、香りについてはバラつきがあるそうです。

植物オイルで作られたと感じるテクスチャー



IMG_6888

かなり粘度はゆるく、サラダオイル並みのサラサラ感です。

サラサラしている分、お風呂にこのままボトルを置きますと、使いすぎになりそうな気がするのですよね。

1回で使う量を調節しづらいので、小分けして使ったほうがいいかなと思っているところです。


このように蓋を開けて使うタイプなので、まずは手のひらに乗せて使わないと一気にドバっといきますからね。気をつけましょう。

天然成分100%で、オイルっぽい感じだからなのか、約15度以下で、白く濁る、すなわち白濁するとボトルに書いてありました。

合成界面活性剤は不使用なので、成分の一部が沈殿することもあるそうです。

オーガニック系ですから、それは仕方がないことですね。

私は、量が多めでアメリカンサイズというよりは、いろんな香りを試してみたかったので、できればもう少し量が少なめがあるといいなと思いました。


これだけ量があればお得感はありますし、コスパがいいのはわかりますが、ほかにも、ティトゥリー、ピンクグレープフルーツ、ブラックスプルースブレンド、ローズマリー、ラベンダー、ペパーミントも(無香タイプもあるようです)あって、試してみたいのですよね。


それでもボタニカルといいましょうか、オーガニック、天然成分100%のものを求めている人には、香りもエッセンシャルオイルなので、いい製品ですよ。

みなさまからの口コミも良いことがそれを物語っています。

オーガニックの石けんというと、固形石鹸しか知らない人もいるようなので、液体石けんも試してみて下さいね。

楽天ならこちらをクリック

>>ザ・パーフェクトアンカー レモングラス&オレンジ(944mL)【ザ・パーフェクトアンカー】


アマゾンが良い人は、こちらをクリック

>>>ザ パーフェクトアンカー ピュアカスチールソープ




このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんにも、乾燥でガサガサしやすい大人にもプレミアムベビーソープ


IMG_4871

今回の石けんは、ベビーソープなので大切な赤ちゃんの肌にも、乾燥肌や敏感肌の大人にも使える、優秀な石けんの話です。
そんな石けん、知っていましたか?

  • 乾燥肌でも洗った後にしっとり肌になりたい
  • 肌が弱くても使える低刺激の石鹸がほしい
  • クレンジングが肌にきついのでメイク落としができる石鹸がほしい
  • 石鹸で落ちるミネラルファンデを使っているのに最適な石鹸が見つからない

洗顔ひとつ取っても、なかなか理想のものに出会えません。

無添加のオーガニック石鹸などにチャレンジする人もいますよね。

でも、こういうこと、ありませんか?

「低刺激の石鹸だと聞いたけど、使ってみると汚れが落ちにくい」


では、低刺激よりも洗浄力を重視して選んでみよう!と思っても今度は、洗浄力が強いのはいいけれど、刺激が強くて使い続けることができなかった。。。。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

40代、50代には『新』オルビスユーがおすすめの基礎化粧品のブランド

新オルビスユートライアル



『VOCE』、『美的』、『MAQUIA』を読みましたらオルビスユーが変わると書いてありました。

今までの薄いピンクのオルビスユーから、真っ白なオルビスユーに変わります。


今回のリニューアルのコンセプトは「細胞フィットネス」だそうです。


毎日のスキンケアが楽しくなる、うるおいが続く、ダメージに打ち勝つ力がアップするということです。

白と透明感があるオルビスユー


>>>>>オルビスユー 保湿



オルビスを使っていた人は、保湿が大事なことを知っています。
ニキビ対策でもインナードライでなりやすいこともあるからです。

だから保湿液にも凝るわけですよ。


オルビスの研究では、水と油がある環境よりも、水だけの環境のほうが働きが活発になるということから肌本来の力は、オイルカットの環境、水だけの環境にあるという「水環境」へのこだわりがあるからです。


ローションに、洗顔料ですよ。保湿が大事だから、保湿液もですね。


しかし、オルビスでエイジングケアと、思っていなかった人もいるのでは?


しかも、若い頃に海外のブランドを使い尽くしたような人が、オルビスユーだけは違うというのです。

自然に肌になじんでいくのがわかると。

今まで美容マスクを毎晩使っていたとか、化粧水をバシャバシャ浴びるように大量に使っていたという人が、オルビスユーの化粧水を使ったら、夜にマスクしなくてももっちり肌になっていたと言われるくらいです。


とにかく、トライアルセットを使いたいですね。お試ししてからいいものを取り入れればいいのです。

オルビスユーはお試しできるのです。


どんなエイジングケア製品を使えばいいか探している。
お手持ちの基礎化粧品にどうも満足がいかない。
使っているスキンケアの効果が感じられない。


などの理由で、あちこちさまよっているのなら!


ご自分の肌も20代の頃と、今とでは違いますよね。

徐々に変化しているからわかりにくいですが、基礎化粧品もやはり、変えていく必要があります

現時点での、あなたの肌にあったスキンケア製品をみつけることが大事です。


しかし、どれがいいのかさっぱりわからないものです。

まずは、試してからと、エイジングケア用の基礎化粧品を探しているあなたに、おすすめです。


特に、オルビスの中で探したい、と思っている人には。

まずは、トライアルセットから、と思っている人はオルビスユーをおすすめします!


肌が本来もっている力を引き出し、不要なものに頼らないのがオルビスです。


オルビスユーは、使い心地、シンプルケア、そしてリーズナブルな価格と続けやすいブランドです。

今なら、「初めて方限定キャンペーン」中!


1,000円で、オルビスユーのスキンケアトライアルと、プレゼント付き(通販限定)。

オルビスで、エイジングケア用の基礎化粧品のトライアルセットを探していたのなら、オルビスのページへ


>>>オルビスユー


口コミでも好評なのが安心、安全のオルビスだから信頼できる


新生オルビスユー



オルビスユーは、エイジングケア用の基礎化粧品です。

余談ですが、新しくなったオルビスユーを、私の母(80代、乾燥肌)にも少し使ってみる?と渡してみたのです。

そうしたら、「これは違うわ~」と言って、毎日続けたいからと、私用の本製品の化粧水を返してもらえなくなりました(T_T)

とりあえず、本製品もトライアルも試した私のまとめ

  • 石けんが思ったよりも使い心地が良い
  • みんなに人気のとろみのローションは、80代の母に取られる
  • クリームよりもジェルが好きな人に良い
  • 濃厚さがなく、全体的に軽い
  • コテコテさがないので自然派



さて、シミならシミだけ、シワならシワだけという悩みだけにスポットを当てるのではなく、オルビスユーは肌全体の力、本来の力を底上げするシンプルケアを目指しています。


肌が乾燥して小じわが気になる
肌のハリがなくなってきた、
なんだか乾燥で肌がくすむ、
たるみ毛穴が気になる
メイクのノリが悪い

元気のない肌になっているのなら、それはうるおいが足りていないからです。

肌の基礎力が足りていないからダメージにも弱くなりがちです。

特に、乾燥肌の人、普通肌でもインナードライの人に向いている基礎化粧品のシリーズです。

使ったあとにもちもちを感じるはずです。


さらに「濃密ウォータージェリー配合」だから、乾燥肌だって、もちもち肌です。
濃密ウォータージェリーはオルビス独自の高保湿成分ですからね。

値段の安い化粧水をどっさりつけて、1週間で使い切るほと大量に使う人もいるようですが、一度、高保湿成分の濃密ウォータージェリーを使ってみてください。

たったこれくらいの量でもっちり肌に!と驚くかもしれませんね。

もちもち肌なら、化粧のノリも違ってきますからね。

肌が乾燥していて保湿がされていないと、肌が紫外線など外部からの刺激でダメージ受けますから、今まで敏感肌ではなかったのに、年齢とともに、敏感肌なってしまったという人もいます。

肌の保湿は大事です。

フェイスマスクを使ったり、化粧水をあびるほどつけなくても、オルビスユーの高浸透の濃密ウォータージェリーでうるおいに満ちた、もちもち肌ですよ。

使っていて気持ちいいから、続けやすい、それがオルビスユーです。



エビデンスに基づいた開発で効果を実感できる

IMG_20181013_230033


オルビスユーの口コミを調べてみると、

「肌のもちもち感がいい」
「化粧水のとろみが気持ちいい」
「とろみがあるのに肌への浸透が他とは違う」
「化粧ノリが良くなり、毛穴も目立たなくなりました」
「オルビスユーを使ってから肌の調子がよくなりました」

と今までのオルビスユーでも好評でした。

人気のエイジングケア用スキンケアとして、保湿を重視しているオルビスとしてオルビスユーは満足度が高い製品となっていました。


肌の奥の角層までうるおいを届けてくれるので、そのうるおいをキープし続けるのがいいですよね。

オルビスユーはとろみのある化粧水が大人気なのです。

とろみのある化粧水、とろぱしゃ化粧水です。とろみがあるために、トライアルの瓶では、取り出そうとしても、なかなか出てこないくらいです。


とろみがあると、浸透力を心配する人が多いですが、今回のリニューアルでオルビスが重視したのが、細胞フィットネスです。

年齢とともに細胞がうまく水分を取り込めずにしぼむことからその対策を考えて作られました。

そこで細胞膜の水の通り道であるアクアポリンに注目です。アクアポリンは肌の全部の層に存在するのでエイジングケアによいのですが、年齢とともに減少します。

その対策に植物エキスを配合したのが今回の新オルビスユーです。

水のめぐりを考えてオイルカットで水を重視したオルビスならでは処方です。

高浸透のとろぱしゃ化粧水が今回のリニューアルしたオルビスユーです。

はじめての方限定キャンペーン中!



>>>オルビスユー 保湿シリーズ


肌への効果を考えてエイジングケアのブランド、オルビスユーのトライアルセットの中身


IMG_20181013_230251

ぷるぷるのテクスチャーが心地よい保湿液です。
最後に使います。

普通のスキンケアのラインでは、最後はクリームでフタですが、そこは保湿のオルビスユーです。

この保湿液を使います。ジェルでフタです。

チーズスフレのようにやわらかくて濃密ウォータージェリーのテクスチャーが、肌にすーっと浸透してくれます。

IMG_20181013_230446

肌につけると、ぷるぷるのしっとりで、もちもち肌に。

ぷるぷるしていていいのですが、中高年女性が秋冬に使う場合はちょっと物足りないかな。
乳液が欲しくなるような保湿液でした。

春、夏くらいだったらこのようなぷるぷるは、つけていて気持ちいいのですけどね。


さて、オルビスユーには、トライアルセットがありますが、トライアルセットで、自分のコレだ!を見つけてください。

ある人は、化粧水が使い心地がよくとろみのあるのがいいといいますし、
またある人は、保湿液がいいという人もいます。

自分の肌で確かめてください。

今回のリニューアル後のオルビスユーのトライアルセット3点をまとめます。

1.【洗顔料】オルビスユー ウォッシュ
以前の洗顔料は「泡立てない」洗顔料でしたが、新オルビスユーでは泡立ちますよ

モロッコ溶岩クレイの洗顔料で、さっぱり洗い上がります。しかし、つっぱり感はありません。

とにかく、1センチほど出した時点で、
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ