お銀のブログ

人気の化粧品、育毛剤(女性用)、行ってみたお店など個人的体験を淡々と書いていきたいと思います。

タグ:白髪

IMG_6320
今回は、今話題になっている「クリームシャンプー」のご紹介です。

泡立たないシャンプー、使ったことがありますか?
少し前には「ノープー用」として泡立たないことをウリにしたシャンプー(?)があったのです。


さて、50代くらいになりますと、悩んでる割に、髪や頭皮のケアは疎かになっている人が多いです。


シャンプーコンディショナーと同じものを使い続けている、
頭皮マッサージは面倒でやらない、
シャンプー前のマッサージもやらない
シャンプー前のブラッシングをしない
などです。


心当たりのある人もいるのでは?

それなのに、髪のエイジングケアをしようと思っても変化は望めないです。

50代ともなりますと、

白髪は増えるし、髪はぱさつく、痛みがち、髪のうねりも気になるものです。
そのうえ人によっては、抜け毛に悩まされることも。

ヘアケアをしっかりやろうと思うのなら、まずは「今までと同じ」を止めることです。


適当に選んだシャンプーを使い続けている
思い出したら、たまーにやる頭皮マッサージ
ヘアスタイルスタイリング剤も同じまま

このようなことから脱却です。

今回ご紹介するのは、黒髪クリームシャンプーとして知られるKAMIKA(カミカ)です。

聞いたことがある人も多いのかもしれません。

白髪対策、髪のエイジングケア対策に、クリームシャンプーがいいとして、注目度が上がっているのです。

  • クリームシャンプーなので、余分な髪の摩擦を減らし、髪にやさしい
  • 泡立たないクリームシャンプーなので、泡よりも頭皮に浸透しやすい
  • さらに、オールインワンシャンプーなので、リンスやトリートメントが不要

これらの特徴をもったシャンプーです。


KAMIKA公式サイトへ

>>黒髪クリームシャンプー【KAMIKA】




KAMIKAはクリームシャンプー泡の立たないタイプ

KAMIKA(カミカ)は、泡立たないシャンプー、それもオールインワンタイプのシャンプーとして知られています。

私も始めて泡立たないシャンプーを使ったのは、「ノープー」というタイプのシャンプーを使ったのか最初でした。

「ノーシャンプー」の「ノープー」なのに、なぜ、シャンプーとして売られているのか?

本当に、シャンプーを使わない人で、ノープーと言っている人もいます。

私が使ったのは、ロレアルパリで出していた「ノープー用の洗髪剤」でした。


泡立てることが髪に摩擦を引き起こすということで、洗髪剤とは言うものの、地肌を洗うため、ということでした。

どちらかというと、シャンプーというよりは、「地肌洗い」という製品でした。

しかし、です。

シャンプーが「泡立たない」となると、人間不思議なもので、頭皮をしっかりマッサージするのですよね。

泡立つことでなんだか、髪を洗っているような気になるからなのでしょうか?

だから泡立たないシャンプーを使うと、どちらかというと、地肌に気が行ってシャンプーをするようになります。

さらにKAMIKAの場合、濃厚なクリームなので、さらに髪への余分な摩擦が減っているようです。

この濃厚なクリームが髪というよりは、地肌に栄養成分を与えているような感じになります。

泡立たないタイプのシャンプーの中でも90%以上の天然由来成分、というとこのKAMIKAになりますね。


地肌に届く黒髪成分【オールインワンクリームシャンプーKAMIKA】


ノープーで白髪対策ならクリームシャンプーがおすすめ



IMG_6319

KAMIKAは白髪対策、抜け毛対策としてのシャンプーというと、簡単にいえば、エイジングケア用のシャンプーということです。

顔ではなく、髪のエイジングケアですね。

植物や畑の作物でも肥料をやったりして、重視するのが「土」です。

土台作りが大事です。

髪も同じく、髪のトラブルや髪のエイジング対策となりますと、土台作りからです。

しかし、世の中では、いまだに、シャンプー剤を手に取らずに、直接、髪にふりかけている人も存在するのです。
(さすがに、ポンプタイプのボトルなら直接、頭につけるということは少なくなっていますけど、男性にはまだまだいるようです)。

さらに、サササッと洗って、地肌の汚れを取る意識なし、ということもあります。

1回で髪を中心に洗って、終わり、としている人は、まだまだ存在しています。

手にシャンプー剤を取っている人でも、頭を下にして洗い続けている人もいます。

頭を下げてマッサージではなく、頭を上げたまましっかり「地肌」をマッサージです。

髪が傷んでいるからと、髪を中心に考えている人が多いですが、「地肌」を育てていきましょう!



それに、シャンプー前のお湯による「予洗い」で、髪の汚れは7割から8割は取れているのです。

そこに輪をかけるように泡で摩擦をしながらシャンプーするよりは、エイジングケアを考えるのなら「地肌」中心に考えたほうがいいのです。

泡立たないタイプのシャンプーを使ったことがある人なら、すぐに慣れると思いますが、今まで一度も泡が立たないシャンプーを使ったことがない人には、最初、どれくらいの量を使ったらいいのか?ということが戸惑うと思います。

ケチるのもよくないのですが、私が思うに、泡が立たないがゆえに、使う量が多すぎということがあるように思います。

髪の毛の長さも人それぞれなので、何プッシュと決められませんが、肩くらいの長さのセミロングの人で、5から6プッシュ程度が目安です。

いきなり10プッシュもしないのがいいですよー

いかに、今まで「泡」のシャンプーに惑わされてきたかがわかります。
泡がないと、それだけで「こんなのでいいの?」ってなるのですからね。

でも慣れてくると、泡が立たないほうが、頭皮マッサージにはいいじゃん!と思うはずです。
マッサージしていることと、90%以上の天然由来成分がじわじわ効いてきて、地肌がうるおってくるはずですよ。

贅沢な成分を頭皮に与えて、髪本来の力を取り戻しましょう。
それが髪のエイジングケアなのです。


KAMIKA(カミカ)の使い方


FullSizeRender


KAMIKAは、1本5役のオールインワンシャンプーなので、これ一つでシャンプーだけでなく、リンス、トリートメント、頭皮クレンジング、さらには白髪染め後のパサつきケアも兼ねています。

リンスを買ったり、トリートメントを買ったりしなくていいのですね。

これだけ、です。

シャンプー前のブラッシングはめんどくさがらずに、やりましょうね。

ブラッシングは事前に汚れを浮かせ、汚れ落ちを高めます。


次に、髪を頭皮をお湯で濡らします。ここに時間をかけて(3分から5分くらい)おきます。

このシャンプー前の予洗いが大事です。ここのお湯による予洗いだけで、7割くらいは髪の汚れは落とせるのですよ。


セミロングの人なら、5プッシュくらいを目安に手に取ります。
一度に頭皮になじませるよりは、数回に分けたほうがいいです。

髪を洗うというよりも地肌、頭皮を洗うようにしてKAMIKAシャンプーをなじませていきます。

指の腹を使い、マッサージしながらしっかり地肌を意識します。ここも3分くらいかけましょう。

髪がぱさつくのが悩みという人は、頭皮になじませた後に、少しKAMIKAを手にとって毛先につけておくといいです。

3分ほどおいてから、すすぎますと、まるでトリートメントのようにして使えるんですよ。
(使い続けていればじきに、髪が落ち着いてきます)

その後は、お湯で丁寧にしっかり洗い流します。

洗い上がりに、さっぱりすることを実感するはずですよ。
(少しメントールのスースーを感じるかと。キツくはないのです)。

KAMIKA(カミカ)の成分についてヘマチンとメリタン


FullSizeRender

KAMIKAは、「黒髪クリームシャンプー」という名前だけあって、黒髪のためのシャンプーなのです。

だからと言って、毛染シャンプーではありませんよ。

髪の本来の働きを取り戻すシャンプーといいましょうか。

まるで漢方薬のように、じわじわとじっくり頭皮環境、「土台作り」をしていくことで黒髪へと導いてくれるというものです。

また成分に「白髪染め」や「カラーリング」の色持ちをサポートしてくれる成分が入っていることからもわかります。


サロンでも、白髪染めの前、後の処理に使われている「ヘマチン」という成分が入っています。

髪のケラチンに反応して、傷んだ髪を根本から補修してくれます。

もうひとつのサポート成分が、「メリタン」です。
メリタンは、メラニンを作る毛母細胞を活性化します。

50代くらいの年齢を感じる世代の髪はメラニン不足です。

根本から色褪せないツヤのある髪へと導いてくれます。

サロン専売品でも、この「ヘマチン」と「メリタン」が2つ配合されているのは珍しいです。

これら2つのサポート成分が心強いのですが、その他にも天然由来成分多く含まれています。

泡が立たないシャンプーは、他にもありますが、ここまで天然由来成分が多いのは、KAMIKAだからこそです。


髪のツヤのためには、オイルもチェックです。
KAMIKAの場合は、「ケブカワタ種子油、ヒマワリ種子油、スクワランオイル、アルガンオイル(アルガニアスピノサ核油)」が入っています。

「ハチミツ」という文字もみえます。

頭皮環境を整えてくれるのは、やはり植物エキスでしょうね。

「アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス」

それにしても、「ニンニク根」のエキスも入っているとは、スゴイ。

あと、珍しいなと思うものには、「リンゴ果実培養細胞エキス」ですね。

ほかにも「海塩」とか、「マコンブエキス」も。


こちらが、KAMIKAの全成分です。

水、パルミチン酸イソプロピル、セタノール、グリセリン、DPG、セトリモニウムプロピド、ステアリルアルコール、ステアリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-10、ケブカワタ種子油、エタノール、アルキル(C12,14)、オキシヒドロキシプロピルアルギニンHCI、スクワラン、ハチミツ、ヒマワリ種子油、ジメチコン、アルガニアスピノサ核油、イソステアリン酸水添ヒマシ油、エチルヘキシルグリセリン、ヒドロキシエチルセルロース、乳酸、ポリオタニウム-7、アモジメチコン、ジココジモニウムクロリド、ステアルトリモニウムクロリド、セテス-20、ヘマチン、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダカラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ローマカミツレ花エキス、ローズマリー葉エキス、リンゴ果実培養細胞エキス、レシチン、キサンタンガム、デキストリン、アセチルペプチド-1、ポリクオタニウム-51、アスコフィルムノドスムエキス、ソルビトール、マコンブエキス、海塩、BG、香料、メントール、PPG-3カプリリルエーテル、フェノキシエタノール

髪本来の力を取り戻し健康的な黒髪を目指します。

KAMIKA黒髪シャンプーは植物性の界面活性剤が洗浄成分



FullSizeRender

ミルククレンジングの原理で、皮脂汚れを乳化させて落とすシャンプーなので、最初は慣れるまで「本当に落ちているのかな?」と思うでしょうが、これで落としているからこそ、やさしく洗い上げてくれるのです。


主な洗浄成分は、赤ちゃん用の化粧品にも使わるような界面活性剤なのですから。

KAMIKAは、シャンプー、リンス、トリートメント、頭皮ケア、白髪・抜け毛ケアという1本5役で、これ1本で済む、オールインワンタイプのシャンプーです。

白髪染めをしている人
頭皮のダメージが気になる人
髪がまとまらない、
髪がパサパサが気になる人
フケやかゆみが気になる人

白髪染めの持ちも良くなる!という声もあります。

地肌から育てていくイメージのシャンプーですから、長く続けることが「重要なカギ」となります。

KAMIKAは、購入方法が3通りありますが、一番の人気は、「3ヶ月に1回3本送る」という定期コースです。

定期の回数縛りもないですし、3本まとめて3ヶ月ごとという分、初回価格がかなりお得になっています(定期を解約するには、次回の発送1週間前までに連絡すればいいのです)。

この3本まとめての定期便なら、初回は1本あたり1,993円(税抜)になります。
3本で合計5,980円(税抜)です。

その次の回からは、11,780円(税抜)になります。

もちろん、世の中の定期コースのように、毎月1本ずつがいいという人にも、毎月コースがあります。
こちらは、初回が3,980円(税抜)でスタートで、2回目からは、4,880円(税抜)です。

さらに、定期コースではない「通常購入」もあります。
ただし、これは値段が高いです。
定期コースにどうしても抵抗感がある人は、こちらなのですが、5,800円(税抜)してしまいます。


これらを見ても3本まとめて3ヶ月ごとのコースが一番お得なのが、わかります。
初回は1本あたり1,993円(税抜)になりますからねぇ。


一番お得なのは、3ヶ月ごとのコースということで、詳しくは公式サイトにて確認してみてください。

>>KAMIKA公式サイトはこちら






シャンプーについては、他にもブログ記事を書いています。

【シャンプーの関連記事】


50代のエイジングケアシャンプーとしてharu黒髪スカルプシャンプー


渡辺直美さんがおすすめしていたアンファーのシャンプーも

リリィジュでお試し500円でシャンプーなどのサンプルも


このエントリーをはてなブックマークに追加


FullSizeRender

髪のボリュームアップになるとか、
100%天然由来の成分がお気に入りだとか、
ノンシリコンだからいいとか、
50代にもこのharuのkurokamiシャンプーは人気です。

50代にとっては、エイジングケアは、お肌だけでなく、髪にも必要ですよね。
エイジングヘアを美髪に変えたいのが50代です。

特に私は、以前から書いているように、髪が細くてペタンコ髪ですから。

細毛と薄毛の両方が気になる人です。
黒髪でボリュームがある人が羨ましいです。

トップがペタンコ、ボリューム感が気になる人は、私だけではないはずです。

中には、ボリューム感よりも髪のうねりが気になるとか、髪の毛パサパサが気になる人もいるでしょう。

そのような人は、シャンプーをどう選ぶか?
最大のポイントです。


実は、かなり前からharu、kurokamiシャンプーのことは知っていたのですが(そのうえ写真を取っておきながら、ブログを書くのも遅くなり)、シャンプーでエイジングケアといいますか、頭皮環境がよくなるのかなぁという、疑いの目でみていたのです。


それでなかなか購入には踏み切れなかったのですが、このシャンプーの売れ行きがいいと聞きまして、みなさんが使うからには理由があるだろうと、今回使ってみることにしました。
(ブログに写真をアップしながら、書くのが遅かったけど)。

抜け毛が多いのも頭皮の状態が悪いからかも、と思ったことも理由のひとつにあります。

シャンプーを変えるだけで髪の悩みから解放!エイジングケアシャンプー



このharu 黒髪スカルプシャンプーですが、エイジングケア用シャンプーなのですが、「黒髪」というネーミングのイメージから、白髪が黒くなると信じている人がいるそうなのです。

それはありませんので、その点は、お間違いなきように。もちろん、頭皮環境が良くなって、結果として白髪になりにくくなったという人がいるのかもしれませんが、白髪染めではありません。


天然100%なので頭皮や髪にいいという面から、髪の毛のエイジングケアと言われるのです。それはまるで漢方薬のように、即効性はなくても、じわじわと良くなっている感じなのです。


また人気があるのは、天然由来成分100%もそうですが、リンスやコンディショナーがいらないということ。

これは最初、私も信じられなかったです。

しかし、使ってみると、すごい楽!
これ1つで、終わりだからです。

普通はシャンプーで汚れを落とし、 髪のキューティクルを守るためにもリンスやコンディショナーを使いましょう!

と言われますよね。言われなくても、髪がギシギシするとか、乾燥してからまるから、という理由で使っている人が多いですよね。


しかし、このkurokamiスカルプシャンプーはこれ1本で、シャンプーとして汚れを落とすだけでなく、 リンスやトリートメントしたような仕上がりになるという、まるでオールインワンゲルみたいな、「これ1つ系」のシャンプーなのです。


美容成分がたっぷり配合されていているからできるワザなのですって。


ということで、シャンプーしたあとは、髪にリンス、トリートメントさらにはヘアクリームだとか、いろいろつけまくっている人は一度お試しを。


100%天然由来成分のオーガニック系は、地肌と髪にいいですよー

公式サイト限定となる初回特典としては、
30日全額返金保証、そして、「シャンプーブラシ」がプレゼント。


3本まとめ買いなら、もっとお得な25%オフ
30日全額返金保証、「シャンプーブラシ」がプレゼント。

上の2つは通常購入ですが、定期購入なら送料が無料に

シャンプーブラシは、公式サイトからですよー


\\  私も髪にうるおいが戻ってきました //

haruの公式サイトへはこちらをクリック!

乾燥・パサつき訴求

コンディショナーやリンスが不要だから実はコスパ抜群のシャンプー

IMG_4673
箱に、Thankyouと書いてあります。
100%naturalですよ。オーガニック系、天然系シャンプーです。



それにしても今どき、シャンプー1つだけで終わり、という会社ありませんよね。

髪にいいからといろいろ宣伝するのは多いけど。
会社としては、あれをつけろ、これをつけろといろんな製品を出すのが普通です。

それをこれ1本で、完結!
なのですから。

私も最初は不安でした。

なんせ、私の髪の毛はトリートメントしていても、髪が絡まったり、毛先がパサパサになったりしていたから。

でも、このシャンプーにかけてみよう!
そう思いました。

コンディショナーやリンスがいらない訳を調べてみましたよ。


kurokamiシャンプーは、ヒアルロン酸くらい保湿効果があると言われる「ハイビスカスエキス」を配合しているから、なのですって。

私も最初、kurokamiシャンプーのことを聞いたとき、ハイビスカスエキスがどうたらとか聞いた覚えがありました。

さらには、分子量を小さくした3種のアミノ酸も配合されているので、毛先までしっかり保湿されます。ある意味、アミノ酸系シャンプーともいえるわけですね。

ハイビスカスとアミノ酸で保湿されるから、うるおうのですね。

化学式で炭素がずらずら並んだようなラウリル硫酸ナトリウムとか、ラウレス硫酸ナトリウムといった洗浄剤が入っているのが、ドラックストアなどで売られている普通のシャンプーですよ。

そうではなく、天然成分だからこそ、シャンプーの時点でうるおうわけですね。


ほかにも、天然シルク、真珠エキスが配合されているので、髪から水分が流れるのを防いでくれます。

たっぷりと水分を含んだ髪のキューティクルをセルロースが整えてくれるというのもそのヒミツです。

これだけの天然成分配合なので、コンディショナーをつけたり、リンスをつけたりしなくてもいいのです。

リンスやコンディショナーの中には、髪につけたあとしばらく(3分くらい?)置いてからお湯で流しましょう。と書いてあるものもありますから、時間がかかってしまいます。


肌のスキンケアも、時短を目指している私にとっては、髪の点でもリンスやコンディショナーを省略できるのは、うれしいかぎりです。

シャンプー時に頭皮ケアも一緒にできる。天然系シャンプーは、なぜ髪や地肌にいいのか?

FullSizeRender
開封の儀。箱からナチュラルな雰囲気です。


「頭皮や髪に負担のかかるシリコンや合成ポリマーが入っていない」から、というのがharuのkurokamiシャンプーです。

それに先ほども書いたのですが一般のシャンプーには、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウムの洗浄剤が入っていますが、最近よく聞くのが、シャンプーの洗浄力が強すぎて、 頭皮に必要なうるおいまで落としてしまうということ。

洗浄力は強くていいのですけどね。しかし、昔の日本と違って、空気がキレイな日本でそこまで髪が汚れる場面はあるのか?です。

それに50代なら子どもの頃を思い出してください。
あの頃、毎日シャンプーしてました?

してませんよね。
1日おきとか、週に3回とか。

子どもの頃は自宅にお風呂がなくて、銭湯に通っていた人もいることでしょう。
自宅にお風呂があっても、毎日シャンプーはしていなかったと思います。


その後、朝シャンが流行るようになり、毎日、洗うになっていったかと思うのです。


昭和初期は、月1回だったそうですよ。それが2週間に1回になり、週に1回になり、と回数が増えていきます。

めったに洗わないから、洗浄力も強くないとね。

しかし、現代は、毎日洗う人がほとんどです。
それほど空気も汚れていないし、地肌からでる皮脂くらいでしょうか。

さらには、追い打ちをかけるように、50代は若いうちからパーマをしていたり、中には、明るい毛色に染めていた人もいるはずです。

私たちより、もっと上の世代ならヘアカラーなんて白髪になってから!でしょう。


今のアラフィフくらいの年代から、地肌が透けて見える薄毛や、すぐに生えてくる白髪、うねり髪や細毛など髪の劣化を感じるようになります。

洗浄力の強さを求めるよりも、アミノ酸系のシャンプーのような頭皮への刺激も少ない、マイルドな洗浄力のほうを選びたいものです。

haru kurokamiシャンプーは、3種のアミノ酸をリボゾーム化した「リポカプセル3」これで、頭皮や髪にしっかり浸透し、うるおいを保ちます。

黒髪シャンプーを実際に使ってみた感想


FullSizeRender
立てて箱に入っていたkurokamiシャンプー

それでは、実際に使ってみた感想や使用感を書きましょう。

実は、最初使い始めの2週間くらいは、それほどいいように思わなかったのです。
ネットで絶賛されていたにも関わらず。


私、個人的な意見なのですが、私の頭皮の状態も悪かったこともあるのかもしれません。
泡立ちがよくないと思ったのです。

聞いていたのは、「もちもちの泡」だとか、「きしまない」ということ。
洗い上がりの指通りがいいというのに、なぜ、こんなに泡立ちが悪いのか?

そう思いながらも、止めることなく続けていました。


漢方薬みたいなもので、続けていないと良さがわからないのだろうなと、思ったからです。

ノンシリコンのシャンプーだと書いてあったし、元からそれほど泡立つシャンプーでもないのかなと思っていました。

そうしたら、2週間くらい経った頃でしょうか。

だんだん、泡立ちがよくなってきました。

私の頭皮が変化したから?
すごい不思議です。


自然な香りも、天然の柑橘系の香りで気持ちいいのです。アロマオイルをやっているような。
実際に、レモン果皮油、グレープフルーツ果皮油、オレンジ油が入っています。

haru_泡_2

泡立ちが良くなると、もちもちの泡というのが理解できてきました。
洗い上がりの指通りもよくなってきて、なめらかな指通りへと。



ノンシリコンシャンプーだと、きしみがあるとか、泡立ち悪いとか言われますが、haruのkurokami
シャンプーに関しては、継続していくと良さをわかってくる、そういう人もいますよ。


やはり抜け毛についても、刺激の強いシャンプーや洗浄力が強いシャンプーよりも頭皮の地肌に優しいシャンプーのほうがいいのだと、だんだんわかってきます。


たしかに、ベタつきを洗い流すと一時的に頭皮は皮脂だけでなくうるおいまで失います。
そうなると生体反応といいますか、今度は失ったからとよけいに皮脂がでてくるのですよ。

皮脂が出て脂っぽい地肌になるから、さらに洗浄力の強いシャンプーに頼るという、悪循環。


マイルドなやさしい洗浄力のほうが頭皮にはいいのだなとわかってきます。

今まで、ヘアスタイリング剤を多く使っていた人は、シリコンやポリマーの汚れもついているかもしれませんよね。

アミノ酸系シャンプーにも欠点があります



FullSizeRender

天然成分がたくさん入っていることは、シャンプーのボトルの裏側をみれば確認できます。

33種類のエイジングケア成分です。
ソメイヨシノ葉エキス、カミツレ花エキス、ホップエキス、アカツメクサ花エキス、ワカメエキス、アカモクエキスなど。

ここで、うんちくを言わせていただきますね。
(成分の話は、どうでもいいという人は、高速で、下に動かしてくださいませ)

エイジングシャンプーといわれるのは、なぜか。

頭皮サイクルに働きかける育毛剤にも使われている「キャピキシル」が配合されていること。またそれと同じような働きの注目の新成分「欧州ホップエキス」などが高濃度に配合されているからです。

髪によい成分に詳しい人なら知っている「リンゴ果実培養細胞エキス」「ハイブリッドローズ」「ヘマチン」なども配合しているから頭皮環境にも良いのです。



紫外線によるダメージには、マテ茶葉エキス、グアバ果実エキス、スイカズラ花エキスが働きかけてくれます。

カボスエキス、アサイ、コーヒー種子エキスなどはカラーの色持ちをアップしてくれます。

保湿には、冒頭にも書いた沖縄産のハイビスカス、ハイビスカスエキスや髪の内部から水分が流れるのを防いでくれるゴールデンシルクや真珠が配合されています。


このように天然由来100%で作っているというのが嬉しいですよね。


世の中の天然系といわれるシャンプーにありがちなのは、中途半端に90%天然由来!というものです。
残りは何?

そう思ってしまいます。残りの10%は何なのでしょう。


反対に、10の無添加として、haruのkurokamiシャンプーには入っていないものもあるのです。
シリコン、合成ポリマー、カチオン界面活性剤、石油系界面活性剤、合成香料、合成着色料、鉱物油、紫外線吸収剤、合成防腐剤、合成保存料は、入っていません。

それを徹底していることがわかるのは、haruのkurokamiシャンプーには「詰替え用」がないことです。

合成防腐剤を使っていないので、防腐効果のきついものがないために、詰替えをしているうちに雑菌が入ったりして品質が変わるおそれがあるからだそうです。

私も以前聞いたことがあるのですが、防腐剤がなくても天然素材で、防腐効果のある成分は存在するのだそうです。haruのシャンプーも同じで、天然由来の防腐効果のある成分でおぎなっているのです。



また、haruのシャンプーは、コンディショナーやリンスをしなくていいのです。ノンシリコンシャンプーを使っても、リンスやコンディショナーにシリコンが入っているのでは、元も子もないわけですよ。

その点、kurokamiシャンプーは、最初からリンスやコンディショナー不要ですから、シリコンの心配しなくてもいいのです。


私は、シャンプーに関する成分について、それほど知っているわけでもないのですが、美容師さんとか髪の毛の専門家に聞きますと、おすすめのシャンプーは「アミノ酸系洗浄成分」が配合されているシャンプーがいいとのことでした。

 kurokamiスカルプは「アミノ酸系洗浄成分」と 「ソープナッツエキス」を独自の方法で配合しています。

アミノ酸系のいいところは、頭皮への刺激が少なく、マイルドでやさしい洗浄力です。必要な皮脂やうるおいがそのまま残っているので、頭皮が乾燥しすぎる心配もありません。

そのうえ、傷んだ髪にアミノ酸が吸着してダメージも補修してくれることも期待できます。


しかし、アミノ酸系にも欠点がありまして、ドラックストアで安売りしているシャンプーに比べると、かなり高価になってしまうことです。

髪の毛は、洗うことさえできればいい、という人は、洗浄力が強めの安売りのシャンプーでいいでしょう。

けれど、シャンプーにこだわりを持つ人が増えていることをみても、髪のエイジングケアに関心ある人は、増えているのだなと思うのです。

もちろんマイルドな洗浄力とはいえ、天然由来の洗浄成分をたっぷり配合しているから 洗い上がりは天然系シャンプーとは思えないスッキリ感があります。


お得にヘアケア!プレゼントについてきたシャンプーブラシを使った


FullSizeRender

私は、公式サイトで購入したので、頭皮によい「シャンプーブラシ」がプレゼントされました。

いつまでこのプレゼント付きとなっているかわかりませんが、このシャンプーブラシを使っていると、ちょうどいい力加減で、頭皮をマッサージできます。

いろんな口コミをみても、このシャンプーブラシについて、熱く語る人がいないのですが、私はお気に入りですよ。

自分の指でマッサージするよりも、マッサージ感がアップするというのかな。


程よい刺激です。

シャンプーブラシ目当てで、買う人なんていないんですかね?

この程よい刺激感って、何だろう。

いずれにしても、頭皮は大切です。
女性に限らず、40代以降の男性も頭皮の血行の大切さを知っているはず。

やはり、頭皮をきれいにしないと抜け毛も増えますからね。


他の人よりも老けて見られるのが髪の毛のボリュームの「少なさ」です。
いつまでも若々しく見られたいではないですか。

それには、頭皮も一緒にマッサージですよ。

シャンプーした時に、一緒に頭皮もキレイにしましょ。

天然由来100%だと汚れがちゃんと落ちるのかなと思うかもしれませんが、4種類のヤシ由来の洗浄成分が入っているから、頭皮もキレイになります。


FullSizeRender

色はついていない、透明のシャンプーです。

それと私のおすすめは、使用量をケチらないことです。
私はボブ程度の肩に髪がかかる程度ですので、5プッシュ使っておりました。

これは、一緒についてくるパンフレットにも書いてありますから、特に、最初の頃は、多めに感じるくらいを使っているといいですよ。

それだけ使っても2ヶ月持ちましたから。
最初は泡立ちがそれほどでもないと思って、多めに使っていたのですが、2ヶ月は持ちました。

リンスもコンディショナーも不要、という点が心配するかもしれませんね。


もし、どうしても心配なら、毛の傷みやすい部分だけにつけてみるとか、ちょっとだけ使ってみるといいかも。じきに慣れて、リンスもコンディショナーも使わなくなるでしょうから。



kurokami スカルプシャンプーはカラーの色持ちもアップしたり、紫外線からのダメージケアにもなる。
そのように、黒髪をサポートしてくれます。

かゆみや髪や地肌のにおいも抑えてくれるのも、天然由来成分なのです。
髪をしっかり保湿するから、コンディショナー不要のシャンプーです。



kurokami スカルプシャンプーは、一番オトクな購入方法は、3本まとめ買いです。
25%オフになります。

公式サイト限定となる初回特典としては、
3つです。
初回の送料無料、30日全額返金保証、そして、「シャンプーブラシ」


定期コースを選んだら、
送料無料、ずっと20%オフ、30日全額返金保証、同じく「シャンプーブラシ」付き
すぐに解約も可能となる定期コースです


最初は1本で試したいという人は、オフになりませんし、3本まとめ買いや定期コースと違って送料が少しかかります。
(3本まとめ買いと定期コースは送料無料)


それでも公式サイトからの購入なら、
30日全額返金保証、そして、「シャンプーブラシ」がプレゼント。


これらは、公式サイト以外での購入にはありません。

【値段まとめ】
単品 は、3,600円(税抜)+360円(消費税)、送料初回93円(税抜)+9円(消費税)
定期コースは、2,880円(税抜)+288円(消費税)、送料無料
3本セット(まとめ買い)は、8,100円(税抜)+810円(消費税)、送料初回のみ無料
※3本セットなら、税を入れても、1本あたり2,970円ですよ!

100%天然由来で、10の無添加はharuのkurokami スカルプシャンプーです。


初回限定の送料無料となる「まとめ買い」も製品自体がお得に買えるので、おすすめです。


お得なのは公式サイトからの購入です。公式サイトでつや髪の大切さを確認ください。

>>100%天然由来のノンシリコンシャンプー【haru kurokamiスカルプ】






シャンプーについては、他にもブログ記事を書いています。

頭皮に優しいクリームシャンプーで髪のエイジングケアにKAMIKA(カミカ)

渡辺直美さんがおすすめしていたアンファーのシャンプーも 

リリィジュでお試し500円でシャンプーなどのサンプルも

このエントリーをはてなブックマークに追加

私は年齢が年齢ですから(50代)、白髪があります。

そのため、白髪染めで髪を染めますが、どうも髪が痛むような気がしてなりません。

自然ではないのですから、当然ですけど。

それで、白髪も染まるというトリートメントというのを試してみたいことがあります。

40代後半から、50代にかけての頃です。


近所のドラックストアで買った安いもの(ヘナ)が最初で、その他の製品も試してみました。

ドラックストアで買ったのは、名前もわからないのですが、安かったのと、お試しの気持ちがあって、まずは、試しにと思って買いました。

白髪がすこし茶色になったかなと思う程度でしたし、髪もしっとりしなかったでした。



今度試してみるのが、利尻昆布で有名な利尻カラーシャンプーです。




今までは、白髪が染まるというトリートメントでしたが、今回は、シャンプーです。

シャンプーなら、手軽で簡単です。

トリートメントの場合は、ある程度の時間を置かないといけないとか、シャワーキャップをかぶらないと染まりにくいと、言われてますよね。

それと、このカラーシャンプーは、髪の毛にいいとの評判を聞いたのです。

江尻昆布は有名ですし。

さて、髪の毛の染まり具合はどうなのか、
試してみようと思っています。

こういうのも、自分に合うかどうかわからないので、トライアルのものがあればいいん
ですけどね。

どれも「お試しセット」みたいなものがないので、まずは、1本買いました。



どんな具合だったかは、1ヶ月ほどしましたら、
ブログに書いてみたいと思っています。


このような箱でやってきました。
中には、初回限定なのでしょうね。プレゼントが入っていましたよ。人によって違うみたいです。

2015-01-21-12-29-47

早速出してみました。
開封の儀です(笑)。



2015-01-21-12-33-45

このようなボトルでした。
私は、ダークブラウンをチョイス。

2015-01-21-12-34-54



その後の追記です。
利尻昆布が髪にいい~ということで使ってみましたという、カラーシャンプーは、どうなのか。

1ヶ月使ってみた果、どうなったかの報告です。
もっと早く書くべきでしたが、写真だけ撮っておいて、ブログに書くことを忘れてました。



さすがに、白髪染めと同じ程度になるとは思っていませんが(同じだったら、白髪染めが売れなくなります)、どの程度まで日常使いのシャンプーで染まるものなのか、を知りたかったわけです。

うまくいくようだったら、白髪染めをする期間と期間の空白期間を引き伸ばすことができるんじゃないかということです。


スマホ写真の撮り方がうまくできていなかったので違いがわかりにくいかもしれませんが、これが使用前です。

before
 
髪を洗った直後の、白髪がわかる状態です。

前髪が、特に分け目が白髪があります。

で、次が1ヶ月ちょっと使った後の写真です。 
使用後の写真。
after
 
違いがわからん!!!という声が聞こえそうですが、うっすらと色がついているんです。

ちょっと、茶髪かかっていませんか?

完全な白髪とは、ちょいと違う。

しかし、白髪染めほどの力はない、といったところでしょうか。

 私が思うに、シャンプー直後はなんだか、色がついた気がするのですが、1日が終わってさて、お風呂に、と思った時には、なんとなく、色が落ちているような気がするのです。



 この間、一度も白髪染めはしていません。

いやはや、もうそろそろ、染めないといけないなと思う時期ではあるのですが。

ということで、白髪用カラーシャンプーを体験した感想まとめ★

  • シャンプー自体は、江尻昆布がいいのか、品質は良かった
  • 何度も使わないと色は実感できない(最初の数回では白髪染めではないので、ほぼ染まっていない)
  • その後、シャンプーして、泡をつけたまま5分から10分ほど放置してみたら、以前より染まった気がする。
  • 白髪染めと同等を期待してはダメ。ほんのり色が着く程度で、白髪染めをするまでのキープ用。



ということで、実験してみましたよ。
参考になったら、幸いです。



こちらのブログ記事もどうぞ!

渡辺直美さんおすすめシャンプー



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ