お銀のブログ

人気の化粧品、育毛剤(女性用)、行ってみたお店など個人的体験を淡々と書いていきたいと思います。

タグ:化粧水

おでこのシワ、ほうれい線のシワ、眉間のシワなどの解消に効果

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

シワ対策というと、化粧品で対応したいものですよね。

究極的には病院、クリニックに行ってということが効果が目に見えてわかりやすいです。
しかし、美容手術は抵抗があるものです。
痛そうですし。


急な変化は、まわりの人からわかるものですよね。
なんかおかしいと。

それに、時間が経ってから、なんか違和感のある顔、引きつった肌になっている人を見かけると、どうも二の足を踏みます。自然なのが一番かなと。

そう思う人が多いからか、シワ対策の化粧品は、けっこうあります。

中でも、シワ対策クリームといえば、ポーラのリンクルショットですが、あれほど爆発的な売れ方をしたもの以外でもシワ対策の化粧品は、あるのです(正確にいえば、ポーラの場合、クリームというよりは、美容液なのでしょうが)。

シワができる原因は、睡眠不足だとか、乾燥だとか、食生活に問題があるとか、筋肉の衰えだとか、表情のクセなどありますが、けっこう大きい原因が「紫外線」です。

紫外線が肌にダメージを与えます。毎日のことなので、気づかないことが多いのですが、日々蓄積されていくのですね。

さて、一口に「シワ」と言っても、大きく分けて2種類あります。

比較的対策が簡単なのが、乾燥小じわです。

乾燥によって生じているだけで表皮性のシワですから。

こちらは対策が簡単ですが、若い人にもできるシワです。乾燥すれば出来るシワなのですから。

目尻の小ジワが有名です。口元にできる人もいますね。

ちりめんジワ、と言えばわかりやすいでしょうか。

乾燥でできるシワですから、お風呂に入るなど水分が多いところに行けば治ってきますし、保湿クリームなどでも対応できます。保湿ケアすれば改善、というものです。

しかし、、、

「深いシワ」と呼ばれるシワがかなりやっかいです。

これは表情によってできますし、年齢を重ねるごとにできやすくなります。加齢や紫外線によって真皮がダメージを受けているからやっかいです。

なかなか消えてくれません。保湿クリームを塗ったくらいでは、歯が立たない。
真皮の構造が変化していますから、くっきりわかります。

おでこ、眉間、ほうれい線のシワが代表的なものです。

私の場合は、ダイエットで痩せたはいいが、シワが深くなってしまいました。


だから、いろいろと抗シワ用の化粧品は試しました。

今回、ご紹介する化粧品は乾燥小じわというよりは、深いシワ、表情シワを対象にした化粧品を選びました。

壊れたコラーゲンやエラスチンをいかに修復できるか、です。1日、2日でどうこうできるものではありません。

いずれにしても、「継続がキモ」です。3日坊主ではダメですし、短気を起こして、1ヶ月で改善できない!と結論づけないのがいいですよ。

後でも書きますが、シワ対策クリームを開発した研究員の方も8年間塗りつ続けたというくらい長ーい対策となります。

素早い改善、早期の改善を希望する人は、美容クリニック、病院を探したほうがいいですからね。


超有名どころの化粧品だけでなく、意外なものまでピックアップしましたので、最後まで読んでくださいね。


【注意】なお、このライブドアブログは、スマホでみると、記事が分割される時がありますので、記事が途中で切れてしまっている時は記事の下にある、「続きを読む」を押して続きを読んでくださいね。

マジックフェイシャル(エコライフ)消えるシート、魔法のシート



magicfacial


いきなり意外なものをご紹介しましょう。

継続は力なり、と言っておきながら、これを紹介するなんて、です。

これはリフトアップテープではないですよ。

シワを伸ばして貼ることができる、特許を取得した特殊テープ(シート状)なのです。蒸れないですしね。

下のリンクは私が実際に使った時のレビューとしてのブログ記事です。

消えるシート「マジックフェイシャル」で目元に使ってみた(感動だわ!) 


私は初めて使ったとき、本当にびっくりしました!!!

マジックフェイシャルという名前より「消えるシート」、「魔法のシート」と呼ばれていることを納得しました。

この製品は、目の下、目尻のシワ対策となっています。

それで最初は、私も目の下のシワに使っていました。

しかし、眉間のシワに使っている!というウワサ聞きまして、その後は、眉間のシワ(たまに額のシワも)に使っています。

単にシートを貼るだけでなく、貼った後に美容液を塗るのがポイントです。この美容液を塗ることでシートが「見えなく」なります。

私の場合は、シワを広げてからシートを貼っています(貼ったまま、渋谷の町を歩いたこともありますよー)。メイク、ファンデーションの上からでも貼れるのが思ったよりも便利です。


特許を取ったシートということもいいのですが、このシートを貼って見えなくするために、美容液を塗るのですが、これがまた効いてくるような感じなのです。

なんと言っても、シートを貼っておけば、24時間美容液を肌につけておけますからね。

だから、美容液とセットで使うことをおすすめします。

美容液自体は、それほど量を使いませんから長持ちします。


ただ、このシート、キトサンを使っているのでカニ、エビなど甲殻類のアレルギーを持っている人は使えません。それがデメリットですね。

本製品はコレ
magichonseihin


本製品は、このような美容液とマジックフェイシャルのシートのセットになっていますが、

心配な人は、お試しセットを使ってみることをおすすめします。

使い方の説明も入っていますし、動画をみてもいいのですが、慣れるまではコツが必要ですからね。


トライアルセットはこちらから

>>>>【マジックフェイシャル】トライアルセット

もちろん、この製品なら、最初から本製品を買っても良しです。

定期コースは、シートが自動的に定期で送られてくる方法です(美容液は、無くなったら買う方法)。

定期コースだと、初回は50%オフになります。

お得な定期コースはこちらから入ってください。

>>>>>24時間集中保湿ケア【マジックフェイシャル】






ビーグレン「額のしわ、眉間のしわ、首のしわ」用エイジングケア



bglen

ビーグレンのトライアルセットです。洗顔石鹸から、化粧水、美容液、さらにはクリームまでのフルラインで使えます。

フルラインですが、それもかなりピンポイントの対策用です。

写真のパッケージを見てもわかるように、なんと言っても、額のシワ、眉間のシワ、首のシワですからね。

ビーグレンは、このようにお悩み集中型と申しますか、ピンポイントでお悩み対策が得意な化粧品会社ですね。

ほかにも、ニキビとか、シミとかのトライアルセットがあります。
アイクリームとして(目尻のシワ、くま、たるみ用)や、ほうれい線用もあり。


ビーグレンは、この箱の左から2番めにある化粧水、QuSomeローションが有名ですが、シワ対策として重要なのは、真ん中と右から2番めのCセラムと、QuSomeレチノAです。

すべての美肌の基本は、ビタミンCですし、シワ対策を調べると決まって出てくるのが、レチノールです。

レチノールはコラーゲン生成に深く関わるからです。

2019年1月からは、このQuSomeレチノAがパワーアップしてさらにシワ対策強化になりました。

ビタミンA成分が3種類に増えました。今までは、2種類だけだったのです。

3種類になることで、シワに対するアプローチにさまざまに対応できるように。

レチノールは即効性があり、肌をふっくらさせます。レチノイン酸トコフェリルはレチノールの50〜100倍の生理活性があるといわれ、深いシワ担当です。肌の弾力不足に。パルミチン酸レチノールは、乾燥小じわの悩みを解決です。

3種類配合されたことで、今までよりも、浅いしわから、深いシワまで しっかりと対応するようになったのです。


Cセラムは、高濃度のビタミンCですが、使ってみると水っぽいものではなくアブラっぽい感じがして、レチノールとの相性がいいように感じました。


ただ、このビーグレンのトライアルセットですが、フルライン使えますが、1週間分しか入っておりません。

中でも洗顔のクレイウォッシュがあっという間に無くなった記憶があります。


いえ、使おうと思えば美容液など1週間分以上、入っていたように感じましたが、それでもあっけなくなくなってしまいます。

もう少し10日間お試しセットとか、2週間分お試しセットだといいなぁと思いました。

1週間でもお試しセットがあるだけでもましなのかな。

私が使ったのは、眉間、おでこ、首用なのですが、ほかにも、ほうれい線、たるみ用もありますよ。


眉間、おでこ額、首」のシワ対策用トライアルはこちらから

>>>首のシワにおすすめのトライアルはこちら


ほうれい線のシワ、たるみ対策用のトライアルセットは、こちらからです。


>>>>シワ


エイジングケア(本製品1)


記事の最後まで、読んでくださいね!なのですが、、、

【注意】なお、このライブドアブログは、スマホでみると、記事が分割されている時がありますので、記事が途中で切れてしまっている時は記事の下にある、「続きを読む」を押して続きを読んでくださいね。



DHCのレチノール、薬用レチノAエッセンス


retinoa

先ほど、ビーグレンのところで、シワ対策というとレチノールが出てくると書きましたが、レチノールだけの製品がDHCにあります。

それも入れ替わりの激しい化粧品の中でも、かなりのロングセラーです。

レチノール集中型ですね。とはいえ、オリーブヴァージンオイルなどの美容成分も入っております。

ふっくらとしたハリと弾力のある肌に導きます。

DHCは試供品はありますが、トライアルセットがないので、いきなり本製品を買ってみました(3本入り一箱)。

レチノールは、シワ対策に使われますが、とにかく、劣化しやすいので、その都度使い切るくらいがいいのです。

だから、このDHCのものも、小分けになっていまして、ひとつのチューブは小さめ(5gごとに分けられた小分けタイプ)ですが、このほうが実は、いいのです。

中身が劣化してしまったら効果も何もないですからね。チューブひとつにつき、10日間くらいで使い切る目安です。密閉チューブ採用です。

レチノールは、本来不安定な成分ですが、水分や紫外線に影響されない処方になっています。 そのすぐれた品質を保つため、このような個別になっているのです。

3本ですから、1ヶ月分ということですね。

それもその都度開けられるように、口が密封されていて、チューブのキャップの裏を使ってあけます。

それほど、品質確保が大事なのです。それを面倒と感じるかは、アナタ次第。

それと、人によっては、レチノールはピリピリするという人もいますので、まずは少しづつ試していったほうがいいですね。

化粧水、乳液を使ったあとに、レチノAエッセンスを使います。私はポイント使いしましたが、顔全体に使う人もいるようです。


>>>>DHC薬用レチノAエッセンス[3本入]



DHCザラインショット



image

私の場合、こちらのDHCザラインショットは、主に、ほうれい線対策に使いました。目尻にも使いましたが、メインはほうれい線に、ぬりぬりです。

私が使った時のレビュー記事

ザ ラインショット(DHC)がキャンペーン価格だったのでシワに塗っております! 


目尻にも、口元にも塗れますよ。

部分用美容液ですが、伸びがいいです。

植物由来のニガハッカエキスが年齢を重ねた肌に働きかけてくれます。

塗った後はしっとりするので、乾燥対策にもいいように感じました。

でも、深いシワにはどうだろうな。あまり実感がないです。

かえって、私としてはDHC薬用レチノAエッセンスがいいように感じましたね。


【最大P15倍以上&600pt開催】【DHC直販】【送料無料】“今”気になる年齢サインのために、目もとや口もとに刻まれたサインにすばやくアプローチ!DHCザ ラインショット newproduct




資生堂エリクシールのシュペリエルエンリッチドリンクルクリーム


elixir

私としては、ポーラに対抗して資生堂が出してきたように感じました。

このリンクルクリームは。

「しわを改善する」という新効能の認可を取得した医薬部外品です。

資生堂も「純粋レチノール配合」がポイントのようです。


シワが発生するのは、うるおい不足だから、ヒアルロン酸の産生を促し、角質層の水分量を増やすことで柔軟な肌に導き、しわを改善する、というのがウリです。

夜はクリームのあと、朝は乳液のあとに使うようになっています。

エリクシールも、どうせレチノールなら、DHCの薬用レチノAエッセンスでいいのでは?
と思ってしまいました。

ただ、レチノールは継続がキモですからね。長期継続まで行く前に、止めてしまう人が多そうです。


>>>>ELIXIR(エリクシール シュペリエル) エンリッチド リンクルクリームS(医薬部外品)


ポーラのリンクルショット



polaリンクルショット

大御所の登場です。


シワ対策といえば、ポーラでしょ。というくらい、話題独占、デパートでは行列ができたという製品です。1月に発表だったので、お正月から行列、ということも話題になったとか。

そうですよね。化粧品は、角層までというのが通常でしたが、このリンクルショットは、「真皮に浸透するニールワン」がキーポイントでしたから。


ただし、公式サイトでは売っていません。実際に、対面で、肌の確認をしてからでないと売らないとなっています。

しかし、楽天やらアマゾンやらで売っているではないの。

本来は、ビューティーアドバイザーの使用方法の説明に従って買うのがいいのでしょうが、そのようなことが面倒だとか、ほかの商品も薦められそう、ということが心配な人は、ネットで買えるところを探しましょ。

ただ、このリンクルショットも、開発した研究員のほうれい線が話題になっていましたが、話では8年間使い続けた、ということですよ。

速効性はどうでしょ。

逆にいえば、リンクルショットで、これくらい長期使ってやっと違いが出るというのですから、いかにシワとの戦いは長期戦なのかがわかっていいかなと、思うのです。


【ゆうパケット送料無料 代引不可 簡易包装 追跡有 平日15時まで当日発送】POLA ポーラ リンクルショット メディカルセラム 20g






【注意】
なお、このライブドアブログは、スマホでみると、記事が分割されている時がありますので、記事が途中で切れてしまっている時は記事の下にある、「続きを読む」を押して続きを読んでくださいね。

まとめ

私としては、急場をしのぐためのマジックフェイシャルを、まずはおすすめします。
見えないシートもスゴイのですが、美容液もなかなかのものです。保湿になります。

これを確保したうえで、日々のスキンケアです。

こちらは、三日坊主ではダメです。

一度、ビーグレンの「おでこ、眉間、首」のシワ対策用か、もしくは、「ほうれい線、たるみ」対策用のお好きな方を試してみては、いかがでしょ。

その中で、気に入ったものがあれば、本製品に移ってもいいですからね。

あとは、日々の対策用としては、DHCの薬用レチノAエッセンスでいいのではないかな。
ただし、肌に合わない人もいるので、様子見しながらですね。

それと品質確保のために、1本開けたら、すぐに使い切ることが大事です。





このエントリーをはてなブックマークに追加

40代、50代には『新』オルビスユーがおすすめの基礎化粧品のブランド

新オルビスユートライアル



『VOCE』、『美的』、『MAQUIA』を読みましたらオルビスユーが変わると書いてありました。

今までの薄いピンクのオルビスユーから、真っ白なオルビスユーに変わります。


今回のリニューアルのコンセプトは「細胞フィットネス」だそうです。


毎日のスキンケアが楽しくなる、うるおいが続く、ダメージに打ち勝つ力がアップするということです。

白と透明感があるオルビスユー


>>>>>オルビスユー 保湿



オルビスを使っていた人は、保湿が大事なことを知っています。
ニキビ対策でもインナードライでなりやすいこともあるからです。

だから保湿液にも凝るわけですよ。


オルビスの研究では、水と油がある環境よりも、水だけの環境のほうが働きが活発になるということから肌本来の力は、オイルカットの環境、水だけの環境にあるという「水環境」へのこだわりがあるからです。


ローションに、洗顔料ですよ。保湿が大事だから、保湿液もですね。


しかし、オルビスでエイジングケアと、思っていなかった人もいるのでは?


しかも、若い頃に海外のブランドを使い尽くしたような人が、オルビスユーだけは違うというのです。

自然に肌になじんでいくのがわかると。

今まで美容マスクを毎晩使っていたとか、化粧水をバシャバシャ浴びるように大量に使っていたという人が、オルビスユーの化粧水を使ったら、夜にマスクしなくてももっちり肌になっていたと言われるくらいです。


とにかく、トライアルセットを使いたいですね。お試ししてからいいものを取り入れればいいのです。

オルビスユーはお試しできるのです。


どんなエイジングケア製品を使えばいいか探している。
お手持ちの基礎化粧品にどうも満足がいかない。
使っているスキンケアの効果が感じられない。


などの理由で、あちこちさまよっているのなら!


ご自分の肌も20代の頃と、今とでは違いますよね。

徐々に変化しているからわかりにくいですが、基礎化粧品もやはり、変えていく必要があります

現時点での、あなたの肌にあったスキンケア製品をみつけることが大事です。


しかし、どれがいいのかさっぱりわからないものです。

まずは、試してからと、エイジングケア用の基礎化粧品を探しているあなたに、おすすめです。


特に、オルビスの中で探したい、と思っている人には。

まずは、トライアルセットから、と思っている人はオルビスユーをおすすめします!


肌が本来もっている力を引き出し、不要なものに頼らないのがオルビスです。


オルビスユーは、使い心地、シンプルケア、そしてリーズナブルな価格と続けやすいブランドです。

今なら、「初めて方限定キャンペーン」中!


1,000円で、オルビスユーのスキンケアトライアルと、プレゼント付き(通販限定)。

オルビスで、エイジングケア用の基礎化粧品のトライアルセットを探していたのなら、オルビスのページへ


>>>オルビスユー


口コミでも好評なのが安心、安全のオルビスだから信頼できる


新生オルビスユー



オルビスユーは、エイジングケア用の基礎化粧品です。

余談ですが、新しくなったオルビスユーを、私の母(80代、乾燥肌)にも少し使ってみる?と渡してみたのです。

そうしたら、「これは違うわ~」と言って、毎日続けたいからと、私用の本製品の化粧水を返してもらえなくなりました(T_T)

とりあえず、本製品もトライアルも試した私のまとめ

  • 石けんが思ったよりも使い心地が良い
  • みんなに人気のとろみのローションは、80代の母に取られる
  • クリームよりもジェルが好きな人に良い
  • 濃厚さがなく、全体的に軽い
  • コテコテさがないので自然派



さて、シミならシミだけ、シワならシワだけという悩みだけにスポットを当てるのではなく、オルビスユーは肌全体の力、本来の力を底上げするシンプルケアを目指しています。


肌が乾燥して小じわが気になる
肌のハリがなくなってきた、
なんだか乾燥で肌がくすむ、
たるみ毛穴が気になる
メイクのノリが悪い

元気のない肌になっているのなら、それはうるおいが足りていないからです。

肌の基礎力が足りていないからダメージにも弱くなりがちです。

特に、乾燥肌の人、普通肌でもインナードライの人に向いている基礎化粧品のシリーズです。

使ったあとにもちもちを感じるはずです。


さらに「濃密ウォータージェリー配合」だから、乾燥肌だって、もちもち肌です。
濃密ウォータージェリーはオルビス独自の高保湿成分ですからね。

値段の安い化粧水をどっさりつけて、1週間で使い切るほと大量に使う人もいるようですが、一度、高保湿成分の濃密ウォータージェリーを使ってみてください。

たったこれくらいの量でもっちり肌に!と驚くかもしれませんね。

もちもち肌なら、化粧のノリも違ってきますからね。

肌が乾燥していて保湿がされていないと、肌が紫外線など外部からの刺激でダメージ受けますから、今まで敏感肌ではなかったのに、年齢とともに、敏感肌なってしまったという人もいます。

肌の保湿は大事です。

フェイスマスクを使ったり、化粧水をあびるほどつけなくても、オルビスユーの高浸透の濃密ウォータージェリーでうるおいに満ちた、もちもち肌ですよ。

使っていて気持ちいいから、続けやすい、それがオルビスユーです。



エビデンスに基づいた開発で効果を実感できる

IMG_20181013_230033


オルビスユーの口コミを調べてみると、

「肌のもちもち感がいい」
「化粧水のとろみが気持ちいい」
「とろみがあるのに肌への浸透が他とは違う」
「化粧ノリが良くなり、毛穴も目立たなくなりました」
「オルビスユーを使ってから肌の調子がよくなりました」

と今までのオルビスユーでも好評でした。

人気のエイジングケア用スキンケアとして、保湿を重視しているオルビスとしてオルビスユーは満足度が高い製品となっていました。


肌の奥の角層までうるおいを届けてくれるので、そのうるおいをキープし続けるのがいいですよね。

オルビスユーはとろみのある化粧水が大人気なのです。

とろみのある化粧水、とろぱしゃ化粧水です。とろみがあるために、トライアルの瓶では、取り出そうとしても、なかなか出てこないくらいです。


とろみがあると、浸透力を心配する人が多いですが、今回のリニューアルでオルビスが重視したのが、細胞フィットネスです。

年齢とともに細胞がうまく水分を取り込めずにしぼむことからその対策を考えて作られました。

そこで細胞膜の水の通り道であるアクアポリンに注目です。アクアポリンは肌の全部の層に存在するのでエイジングケアによいのですが、年齢とともに減少します。

その対策に植物エキスを配合したのが今回の新オルビスユーです。

水のめぐりを考えてオイルカットで水を重視したオルビスならでは処方です。

高浸透のとろぱしゃ化粧水が今回のリニューアルしたオルビスユーです。

はじめての方限定キャンペーン中!



>>>オルビスユー 保湿シリーズ


肌への効果を考えてエイジングケアのブランド、オルビスユーのトライアルセットの中身


IMG_20181013_230251

ぷるぷるのテクスチャーが心地よい保湿液です。
最後に使います。

普通のスキンケアのラインでは、最後はクリームでフタですが、そこは保湿のオルビスユーです。

この保湿液を使います。ジェルでフタです。

チーズスフレのようにやわらかくて濃密ウォータージェリーのテクスチャーが、肌にすーっと浸透してくれます。

IMG_20181013_230446

肌につけると、ぷるぷるのしっとりで、もちもち肌に。

ぷるぷるしていていいのですが、中高年女性が秋冬に使う場合はちょっと物足りないかな。
乳液が欲しくなるような保湿液でした。

春、夏くらいだったらこのようなぷるぷるは、つけていて気持ちいいのですけどね。


さて、オルビスユーには、トライアルセットがありますが、トライアルセットで、自分のコレだ!を見つけてください。

ある人は、化粧水が使い心地がよくとろみのあるのがいいといいますし、
またある人は、保湿液がいいという人もいます。

自分の肌で確かめてください。

今回のリニューアル後のオルビスユーのトライアルセット3点をまとめます。

1.【洗顔料】オルビスユー ウォッシュ
以前の洗顔料は「泡立てない」洗顔料でしたが、新オルビスユーでは泡立ちますよ

モロッコ溶岩クレイの洗顔料で、さっぱり洗い上がります。しかし、つっぱり感はありません。

とにかく、1センチほど出した時点で、
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

口コミとしては香りがおすすめ!毛穴ケアのパイオニア亀山医師開発のスキンケアシリーズは成分にビタミン多く


image



口コミで知られている、ドクターケイのスキンケア(カクテルビタミン)を聞いたことがありますか?

青山ヒフ科クリニック開発のスキンケアシリーズです。大人ニキビや毛穴の悩みに、ビタミンCだけ、ビタミンEだけでなく、ブレンドして(カクテルビタミン)作り上げたシリーズです。

このシリーズはビタミンを「ある比率」でブレンドして作られているそうです。

イベントでお話を聞いてきたので今回はドクターケイのスキンケアについてお伝えします。

>>>>毛穴ケア化粧品のパイオニア!【ドクターケイ】スキンケアシリーズ







ドクターケイにはお得なサイズがありおすすめ


image

ドクターケイ15周年を記念して、アニバーサリーボックスを販売していました。

人気の品である、ローション(化粧水)とモイスチャーミルク(乳液)がメインなのですが、それにプラスしてケイカクテルVプレミアムソープⅡ(ミニサイズ)とオリジナルコットンがついてきます。


このプレミアムソープ(石けん)はアニバーサリーボックスではミニサイズになっていますが、本来は、これくらいの大きさなのです。
image


ドクターケイのシリーズでは、ケイカクテルVローション(化粧水)とケイパーフェクトモイスチャーミルク(乳液)が人気なのですが、その2つを増量ボトルにして新発売されたのです
(こちらは単品でも購入可能です)。

化粧水は150mL→200mLに、乳液は55mL→80mLと内容量が増えています。



>>>>毛穴ケア化粧品のパイオニア!【ドクターケイ】スキンケアシリーズ








口コミ!ドクターケイでおすすめは、どれかひとつだけ、と言われたらローション(化粧水)


ドクターケイのシリーズでは、ビタミンC誘導体を高濃度に配合しているので、大人ニキビや毛穴の開き、たるみ毛穴などの悩みに対応できることがウリです。

そのほか、肌にハリを出す保湿成分としてのビタミンA、ツヤを与え抗酸化成分としてのビタミンE、明るさを与えるビタミンB12や、肌荒れに使われているとよく聞く、ビタミンB2やB6も配合です。

こんなにビタミンがいっぱいです。肌によさそうですよね。

これらは、毛穴の内壁や肌の角層の奥まで深く入り込めるビタミン配合ですって。

それで、いい機会だからと聞いてみたのです。

石けんとローションとモイスチャーミルク、全部使わないと効果ないですか?と。

どれかひとつだけ、という条件なら、どれでしょうかと聞いてみました。

そうしたら、ケイカクテルVローション(化粧水)なのだそうですよ。

どれもトライしたいですが、なかなか全部はできない、と思っている人がいましたら、参考にしてみてください。ローションだけでも、どうぞ!

成分が気になる方は、写真に全成分が載っていますので、チェックしてみてください。

化粧水ですが、ヒアルロン酸やコラーゲンも入っています。


>>>≪ドクターケイ≫口コミで話題のビタミン化粧水「ケイカクテルVローション」


ケイカクテルスキンケア使い方は箱に書いてあるので捨てないで


image



ドクターケイのローションは、このように箱の中に使い方の説明が書いてあります。
リーフレットなど別にして印刷されているよりも、箱の中に書いてありますから、小さな説明書きを無くすこともなくて便利です。
image


写真が小さくて見にくいかもしれませんが、どのようなビタミンが入っているかは、【ビタミン】のところに書いてありますね。

ビタミンAとしては、パルミチン酸レチノールが入っていますねぇ。

ビタミンCには、パルミチン酸アスコルビンリン酸3Naの文字も見えます。APPSですね。

ビタミンB群、ビタミンEさらには、ビタミンP、ビタミンHの文字も見えます。

なお、上の写真の箱にも書いてありますが、ローションはブースターとしても使えますし、もちろん化粧水として使うこともできます。


ドクターケイのカクテルVローションを使ってみた口コミ



image


実際に使ってみましたよ。

最初は、柑橘系の香りがしたなと思ったのです。ビタミンですからね。
肌のためのサプリメントというのが理解できました。

化粧水といいますから、液体ではあるのですが、なんといいますか、保湿系の化粧水ですね。

つけた後から、ほのかにラベンダーの香りがしました。

香りがとても良い美容液オイルも試してみた


image



つやが出ています。最近、美容液オイルもいくつか出されているので、使ったことがありますが、ふっくらした肌を目指すには、美容液オイルも使ったほうがいいようです。

美容オイルのほうが、ラベンダーの香りがよくわかりました。

ラベンダー油だけでなく、ノバラ油、ローズマリー油、ニオイテンジクアオイ油も入っています。


image

手の甲にも塗ってみました。ツヤツヤですね。

本来は、美容液オイルだけでぬったほうがいいのですが、ベタつきが気になる人のためにお知らせしましょう。

ローション(化粧水)に1~2滴混ぜ、手の上でよく混ぜてから肌に使うと、ハリのある、 ふっくらお肌になりますよ。

このような使い方もできるのですね。

これはローションだけに限った話ではなく、乳液に混ぜてもいいですし、クリームファンデーションに混ぜてもいいのです。


かなりのツヤ感アップです。メイクのノリも良くなるそうです。

ピタミンのサプリを飲むのもいいですけど、お肌にもビタミンを与えましょう。

テカリではなく、自然なツヤ肌になった自分を頭に描いてみましょうね。

ドクターケイ公式サイトはこちらから

>>>>ドクターケイ










このエントリーをはてなブックマークに追加

肌潤美白お試しセットはコーセーの基礎化粧品の美白用トライアル(化粧水、美容液、クリームそして石けんも)

FullSizeRender


今日も、ブログを読んでいただき、ありがとうございます。


【追記】米肌美白がリニューアル


最新情報を追加します!

2019年3月1日から、新しいコーセー米肌の美白シリーズが誕生です。

私は、米肌の購入者会員になっているのですが、そこのメルマガで知りました。
名前も、澄肌美白から、「肌潤美白」に変わります。

「保湿」もできて「美白」もできる化粧水、美容液に生まれ変わります。

うるおいのある美白を目指す、とのことで、「高保湿美白」なのですって。

だから、肌の乾燥しやすい人で美白も使いたい!という人にピッタリです。
シミも気になるけど、乾燥も気になる、という人以外といますからね。


これが「新」米肌美白です。できたてホヤホヤです。

FullSizeRender


リニューアル後の美白有効成分は、トラネキサム酸。

メラニンの生成を初期段階で食い止めてくれるのだそうです。
ということは、シミを未然に防ぎますね。
「つややかな美白肌をキープ」、とのことです。

うるおいは、こちら。保湿成分としては、ライスパワーNo7です。

美白用化粧品というと、乾燥しやすい、保湿がもの足りないという声があります。

新米肌、肌潤美白は、化粧水から違います。
冬でも使えそうなしっとり感です。肌につけた後が違ってます。

美白美容液(エッセンス)も、乳液みたいな感覚でしっとりします。


保湿力に優れた「ライスパワーNo.7」ですからね。

これは美白シリーズとしては業界初だそうですよ。ライスパワーと美白有効成分のコラボです。

乾燥してくすみがちな肌には、保湿が必要です。

洗顔石鹸から化粧水を使って、美白美容液も使いますと、肌がもちもちなのです。
最後のクリームは、肌潤シリーズに入っていたものと同じです。
重たさがなくて、よく伸びます。

今回のリニューアルは、化粧水とエッセンスが変わりました。

《肌潤美白 化粧水》
くすみが気になる肌にもキメがととのった明るい印象の肌に導きます。

・無香料、タール系色素フリー、鉱物油フリー、石油系界面活性剤フリー

《肌潤美白 エッセンス》
透明感をあたえ、つややかな明るい印象の肌に導きます。
・無香料、タール系色素フリー、鉱物油フリー


新米肌の美白は、1年を通じて使えますよ。

リニューアルした肌潤美白、まずはトライアルセットを試してみてください。



以下、リニューアル前の旧商品の写真になります。
*********************************

保湿でしっとり美白の秘密はお米のチカラ

40代後半から50代にかけての私たちの年代なら、化粧品といえば、KOSE(コーセー)ですよね。

私なんか初めて、就職活動でメイクをするようになったのですが、初めて買ったのがコーセーの化粧品です。資生堂の人、カネボウの人もいたけれど、私は小林コーセーですね。それなので、愛着があるのです。


実は、コーセーの基礎化粧品には、米肌(まいはだ)という通販限定のシリーズがあるのです。

それも、シミ、そばかすを防ぐ美白用の基礎化粧品があったのですよ。


通販限定ですから現物が見られないので、まずはお試ししてみたいではないですか!!
いきなり商品を買うよりも。

だから、トライアルセットです。



石けん、化粧水、美容液、ジェルクリームまでついたお得なトライアルセットがあるのですよー。


サイトでみるとわかるようにホント豪華なセットです。


知っている人もいるかもしれませんが、通販のほうが、コストカットされていますから、成分もたっぷり入っているわけですからね。

コーセーの美白用の基礎化粧品を試してみたかったあなた(それもフルラインで)、トライアルできるチャンスですよ。


本来は美白ケアは1年中通じてやるものなのです。シミはさまざまな要因で濃くなるので、美白は夏だけではなく、1年を通して朝晩、根気よく続けましょう。

それでも紫外線が強まってくる3月からは「特に」美白を強化した基礎化粧品をお使いください。


紫外線量は4月あたりからぐんぐん高まり、日やけ止めの大切さを認識するけれど、うっかりしがちなのが曇りや雨の日です。

ピーク時は曇りや雨でも強い紫外線が降り注ぎ、常にダメージを受けているのです。

3月から徐々に紫外線量が増え、8月をピークに10月くらいまで紫外線が強いですから、気を抜かないでくださいね。

特に、秋冬で、美白のスキンケアしていないと、リバウンドしてしまうのでって。


コーセーの研究によると、老けて見えるのは、顔にできる「影」なのですって。

30代と50代では、肌のデコボコが違っていることも、顔に影を増やしています。

シミは頬や目の下など顔の目立つところにできますからねー
乾燥した肌は、みずみずしさが不足して透明感も出てきません。肌のくすみになりやすいですよ。
シミ対策とともに、肌にうるおいも必要なのです!

せっかく美白用化粧品を使っても、しっかり保湿されていないとシミの原因となるメラニンを含んだ古い角質が剥がれ落ちていかないことになります。これもくすみの原因にもなります。

肌のターンオーバーには時間がかかるため、シミやくすみに効果を感じるようになるには、ある程度続けることが大事です。

コーセーの澄肌シリーズは、肌を潤いで満たすことで肌の透明感を高めます。澄肌美白化粧水と澄肌美白エッセンスは美白有効成分を含んでいますから続けることが肝心です。

継続が実は近道です。保湿ケアにも手を抜かず、美白を続けることこそが、透明感ある肌になるコツなのです。

美白は、大手化粧品会社のほうが安心して使えますよ。



シミ対策の基礎化粧品!通販限定の米肌(まいはだ)と読み、成分にライスパワー


a0002_011614

コーセーの「米肌」には、シリーズがいくつかありまして、その中でも白いお米のイメージにぴったりなのが、この「澄肌美白お試しセット」です。

澄肌美白が目指したのは透明感のある輝きとハリです。

肌本来の光バランスに着目して、美白と米肌独自の「お米と発酵の力」で角層奥までうるおいを満たすと同時に過剰なメラニンの生成を抑制します。



石鹸、化粧水、美容液、クリームの4種ついています。

美白用として特化しているのですね。


お試しセットなのに、フルラインなのです。洗顔石鹸からついています。


美白に関係するコーセーの基礎化粧品の基本ケアセットをお得にお試しできるのです。


だからこそ、このトライアルセットを一度、お試してしていただきたい!

美白というとシミをついつい考えますが、くすみも考えているのがコーセーです。

KOSEの米肌で私たちの肌も発光するような明るさをめざしていきましょう。

実際のテクスチャーで口コミを!シミ、くすみ、そばかすでお悩みなら

お試しセットなんてどこもみな同じ、と思ったあなた。

コーセーは違います。お試しセットなのに、太っ腹の14日分ですよ!!
(7日分とかではありません!)

14日間と、箱にも書いてあります。


7日程度ではいいかどうかわからない人でも、14日も試したら自分に合うか合わないかが、わかります。

美白化粧品は続けることが重要ですからね。自分に合わない基礎化粧品は続けられないですものね。

シミの部分は人間本来が持つターンオーバーで排出されていきます。

若いうちは28日周期と言われ、年齢を重ねるごとにターンオーバーの周期は伸びていきます。

そのため、美白用化粧品の美白有効成分の効果で、過剰にメラニンが作られなくなっても、ターンオーバーの期間を考える必要があります。
このため効果を感じるまでにある程度期間がかかるのです。

やーめた、とならないのがポイントですよ。

年齢が高い人こそ効果が出てくるまで日数がかかるので長く継続して使えるかどうかも美白基礎化粧品を選ぶ時のポイントです。ターンオーバーで、シミの部分の角層の細胞が変わってくると、肌色が明るくなってきます。

ターンオーバーはシミがある部分とない部分では速さが違うので、シミがある部分は、ターンオーバーが遅くて、シミがない部分はターンオーバーが早いのです。


美白のスキンケアは続けることが大事であって、諦めたら、そこで終わり、です



コーセーの米肌シリーズは、すべて日本人になじみの深い、ずっと食べているお米のエキス配合ですよ。

美白化粧品に配合されている美白有効成分は、シミそのものを消すのではなく、シミのもとである「メラニン」の生成を抑えるものです。

シミ自体を消すのは、病院での治療になります。レーザーを当てるなどです。


美白有効成分が入っている製品の説明書には「美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐこと」と説明されていますよ。

日々の基礎化粧品でのお手入れで過剰なメラニンの生成が抑制されます。

それでは、ひとつひとつを簡単にご紹介しましょう。


image


トライアルセットに入っている石鹸は、15gです。


トライアルセットを購入した人は、忘れがちかもしれないので、前もって言っておきますが、化粧水を先にお試しせずに、ぜひ、「石鹸から」通しで使ってください。

この米肌の石鹸、「ブースターバブル」と言われるくらい保湿効果があって、次に使う化粧水の効果を引き出します。この石けんを使ってから化粧水を使うと、すうっと入っていきますよ。

必要な潤いを残したまま、毛穴の汚れをすっきり取り除きます。

ネットを使って泡だてますと、さらに良いです。細かい泡がきめ細かくてふんわり泡です。

後から使用する基礎化粧品の肌なじみを良くしますので、お忘れなく!!

とにかく、この石鹸は14日間セットというのに、長持ちして、お得ですよー

40代の肌に薬用美白化粧水で効果をアップ【澄肌美白化粧水】

くすみが気になる肌を明るい印象の肌に導くための薬用美白化粧水です。

美白有効成分がメラニンの過剰生成を抑制です。 


米由来の保湿成分と発酵の力で、角層をなめらかに整え、澄みきった肌へと導きます。

「米肌」というだけあって、米発酵液、米ぬか酵素分解エキス、イネ葉エキス、さらに肌にいいと昔から言われているハトムギ発酵液などが入っています。

浸透感が高くベタつかないので、肌にたっぷりうるおいを与えます。一年を通して使いやすい感触です。

美白、美白とそちらに頭がいきがちですが、しっかり保湿をしないとメラニンがある古い角質が落ちていかなくなり透明感が欠けますよ。

保湿もしながら美白のお手入れを続けることが透明感のある肌を保ちます。

その点、米肌澄肌美白なら、みずみずしいうるおいで透明感を引き出します。



maisui




「超微細乳化技術」で乾燥からくる「くすみ」が気になる肌に、透明感を与えるというコンセプトですからね。

みずみずしいうるおいで、美白有効成分が肌に浸透します。

ところで化粧水をつけるとき、手でつけますか?それともコットンを使いますか?
これ、私の知人とも話をしたことがあるのですが、面倒でついつい手でつけてしまうよねと。

しかし、おすすめはコットンづけなのです。
コットンのほうが、肌全体にムラなく化粧水を肌につけることができるからです。

手でつけると、どうしてもムラが出てきます。無意識のうちに、よくつけているところと、そうでないところとにわかれていますよ。

ですから、顔全体にびしゃびしゃいくのでなく、ちょこちょこ細かく分けながら丁寧につけます。

またキメを整えてくれるのがいいではありませんか。これぞ、基礎化粧品なのです。


50代には美白美容液(エッセンス)が2つの有効成分配合で効果を期待できるから、おすすめ


image



シミを防ぎながら、くすんだ肌に透明感を与え、明るい印象の肌にする、というわけです。

肌あれを防ぎながら、メラニンの過剰生成を抑えてくれるという美容液です。

お米由来の保湿成分と発酵の力で、角層をなめらかに整え、澄みきった肌に導きます。


使い心地の良さに定評がありまして、表面はすべすべとなめらかなのでベタつきません。
肌をすこやかに整えながら、シミ・ソバカスを防ぐのです。



そうそう、美白有効成分は規定量使うことも重要ポイントですから、ケチって使うことも、なかなか効果が出ないことになりますよ。
多すぎも問題ですが、説明どおりの量をたっぷり使うことも肝心です。

メーカーでは、顔全体に十分に行き渡る量を計算して出しているのだと聞きました。

量を減らすと、結局、せっかく入っている有効成分の効果が十分にいきわたらず、かえって損してしまうことになりかねません。


image

この薬用美白エッセンスは、忘れてはなりませぬぞ。LEEのベストコスメ美白スキンケア部門で受賞です。

くすみは、顔全体だけでなく、目の周り、目元も気になりませんか?

みずみずしいタッチで浸透がいいから乾燥からくるくすみに透明感を与えて、明るい印象の肌に導きますよ。

美容液というと粘りがあるタイプもありますが、コーセーの薬用美白エッセンスは、みずみずしい質感です。つけたあとも、ベタつかずさっぱりします。

みずみずしい質感のまま肌の上でエモリエントカプセルがはじけて、エモリエント成分が角層奥まで浸透します。

そうそう、コーセーのサイトで、「発酵」美白=発光美肌と書かれているけど、「はっこう」と同じ読み方を使っているだけじゃないの、という人もいるようですが、何もウケをねらっているわけではありません!!


お米を発酵させるとアミノ酸、糖類などが増えるのですね。

そのことで、うるおうとともに、肌表面がなめらかになり、光透過効果と光反射のバランスが向上することが期待できるから「発光」といっているのです。

今はシミが無くても早めにケアしましょう。

中高年は乾燥しやすいので、肌潤ジェルクリーム


image


このように、ジェルクリームは、みずみずしくプルプルのテクスチャーです。

みずみずしい使用感はすぐにわかります。

たっぷりと配合された保湿成分が素早く肌になじみます。

モイストキープ&バリア効果で、長時間うるおいを肌にとどめます。

夏の保湿や、クリームが苦手な方にもおすすめです。

日差しが強くなってからは、これくらいのほうが気持ちいいですよー




化粧水、美容液だけでなく基礎化粧品全体でうるおいを与えシミやくすみの対策へ

シミの話をすると出てくる言葉がメラニンです。
メラニンとは、表皮にあるメラノサイトでつくられる色素のことです。

メラニンは、アミノ酸の一種であるチロシンが、酸化されてメラニンへと変化したものです。

メラニンは人の肌色の違いがおきる要素の一つで、肌色はその人が持つメラニンの量によって違いがあります(メラニンの中でも種類があるので、その割合が個人で違います)。


紫外線などの影響により、過剰にメラニンが作られると、その部分がシミとなります。

さて、シミにはメラニンの生成を抑えればいいのでしょ?と思いますよね。
それがシミの原因みたいなものですから。

それはそうなのですが、それよりも重要なのがあるのですが、何だと思いますか?

それは、、、

保湿です。乾燥から守る、です。

透明感のある肌は、水分があってプルプル感がありますよね。

保湿成分も重要!!ということなのです。

曇りガラスが水分によって透明なガラスになるように、です。

実は肌にうるおいを与えてからのほうが美白にとっていいのです。

ですから、美白化粧品は保湿もできるタイプのものを選ぶといいです。



美白化粧品は特に!安心安全の大手企業の製品を


やはり、基礎化粧品は信頼できる大手の化粧品ですね。


店舗用よりもビューティーアドバイザーなど人件費がかからなくてコスパがいいのが、通販限定の商品ですよ。

コーセー、特に米肌は、日本人女性の肌を研究していると思うのですよねぇ。

ただ、澄肌美白にもデメリットはあります。

最近、流行の「これ1本だけ!」のようなオールインワンではないことです。
化粧水、美容液、ジェルクリームとラインで使います。


コーセーの通販限定「米肌」シリーズの中でも美白対策は、この「澄肌美白お試しセット」です。

紫外線が強い時期なら、なおさら一度は使ってみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

ファンケルの赤いの。60代女性向けの基礎化粧品など

まずは、60代の女性の肌悩みのためのトライアルセットを取り上げます。

「ファンケルの赤いの」からです。

うるおいとはり、つやのための発芽米発酵液使用の「 Beauty BOUQUET 」発酵浸透美容液がファンケルから出ています。

ファンケルはシニア女性のために、いろいろ考えています。

シニア向けブランドのビューティーブーケのスキンケア商品は、視力が落ちた人、
すなわち、老眼ですね、老眼でも使い続けられるように、順番を間違えないよう、メイク落としには「1」、洗顔には「2」と数字が入っています。

その順番に使えばいいのです。

そのほか、ポンプは力をかけずに押せるようになっているとか、回して開けるタイプのキャップには凹凸がついているなど、細かい工夫がなされているのです。


その「3」番目のスキンケアですね。ピンつや実感セットです。

1ヶ月分1500円でお試しできますよ!
【ファンケルの「ビュティーブーケ」ピンつや実感セット】

ファンケルのビュティーブーケのサイトへ




ビューティーブーケのコンセプトは、硬くなった肌を「ほぐす」です。

ほほのまわりが気になる
肌がくすんでいるようだ
今までのスキンケアでは物足りない


これらは、硬くなった肌が原因のことも!

なぜなら、硬くなった肌にいくら美容液をぬっても浸透しないことがあるからです。

硬くなった肌は角層が若い頃より20%も厚くなっています。


それで美白、エイジングケアなどの美容液、化粧水などなどつけているにもかかわらず、「浸透していない」ので、乾燥、くすみ、たるみが生じてくる、ということです。

肌の上に乗っけているだけ、だから効きが悪いのですね。


それで作られたのが、発芽米で売上ナンバーワンのファンケルのエイジングケアシリーズです。


通称、「ファンケルの赤いの」です。

発芽玄米には、玄米より多くのアミノ酸が含まれています。

発芽玄米と発酵のコラボです。

発芽玄米と発酵のチカラを組み合わせることで生まれたという成分ですよ。
たるみにハリ与えてくれる基礎化粧品なのです。


発芽米発酵液に含まれている14種類ものアミノ酸と乳酸が「ほぐす」役目をします。

歳を重ねると、厚く硬くなる肌を柔らかくして、美容成分の浸透を助けます。

それはアミノ酸が保水力があるコラーゲンやヒアルロン酸を抱き込みますから浸透していくわけです。

また、肌の弾力を支えるコラーゲンや肌のうるおいに欠かせないヒアルロン酸がアップして、ハリを感じるよう導きます。

ファンケルの「赤いの」のトライアルセットは、
「発酵浸透美容液」(化粧液)と「ピンつやホワイトゲル」というオールインワンのゲル

にプラスして

かわいいポーチ付きです。


まずは、浸透させるための化粧液です。

浸透させる下地ができたら、オールインワンゲルです。

オールインワンなら、美容液塗って、クリーム塗って、パックしてというようなスッテプなしでもいいわけですから、時短になりますね。

めんどくさいと思わずに、ホワイトゲルだけ塗っておけばいいのです。
(ホワイトゲルは、保湿、パック、マッサージ、美容液、アイケアの1本で5役)


ビューティブーケのスキンケア商品を初めての人のみ購入できますよ。


「ファンケルの赤いの」が入ったお得な「ピンつや実感セット」の購入はコチラから

【1ヶ月分が1500円でお試しできる】

>>>>ファンケルのビュティーブーケのサイトへ







そして次は60代向けの「化粧品販売会社」


a0002_012093


次は、60代にしぼった化粧品を販売している会社のことです。


60代向けに狙いを定めた化粧品販売会社のことがコラムに書いてありました。


化粧品といいますと、ドラックストアでは若者向けが目立ちますし、デパートでは、お勤め帰りの若い女性向けという印象があります。

広く、どの世代にもアピールするよ、というよりも、今回ご紹介する化粧品のように60代なら60代に狙いを定めて販売すると、その年代の人が買ってくれますから、いいのでしょうね。

「10代の肌から、80代までカバーいたします」という化粧品よりも、やはり、年代別のほうが気になりますから。


それに、若者だけが化粧品を使うわけでもありませんし。

これからの高年齢者は、昔と違って若くみえますし、積極的に外にも出ていきます。

「長生き女性は優良顧客」だそうですよー

中高年向けに、どんどん改良を重ねていただきたいものです。

e-中小企業庁&ネットワーク推進協議会が発行編集している中小企業ネットマガジン3月16日付コラムより引用。

「“長生き女性は優良顧客”と、60代に狙い定め化粧品を拡販」~

事業を拡大発展中なのが化粧品製造販売のシャルーヌ化粧品(東京、榎本和明社長)だ。同社のターゲットは「プレミア世代」と名付けた60代を中核とする中高年女性。

(中略)

そんな同社が今、力を入れているのが、「美顔器」および「オールインワン」だ。美顔器は、競合品と比べ格安価格で提供。
 

「初めての化粧品は、肌に合うか心配。化粧品を変えるのは抵抗感がある」-同社では、そんな化粧品ユーザーの不安や戸惑いを踏まえて、購入から30日以内なら全額を返す返金保証制度を導入するなどで、初期購入のハードルを下げる作戦をとっている。
これを読んだ感想は、この年代特有の、保湿キープを目標に作られたのだなぁと思いました。


このコラムに載っている美顔器が気になって調べてみたら、これでした。


シャルーヌ・スペシャル肌ケアセット




これは、「ナノミスト美顔器と高級エッセンス」だそうです。

口コミで、じわじわと売れているようです。


思ったよりも小型の美顔器ですね。


「毎日たった30秒のお手軽ケアをぜひお試しください」とのことです。

心配なら、30日以内の返金保証制度を使えばいいのですからね。





そのほかにも60代に人気の化粧品が日本盛から出ています

こちらは基礎化粧品です。

60歳代のみというわけでなく、50歳代、60歳代、さらには70歳代の方を対象にした基礎化粧品です。

日本盛というとお酒ですが、実は基礎化粧品も出していたのです。「米ぬか美人」という化粧品シリーズです。

それも日本人の肌を考え抜いて作ったという化粧品ですよ。日本盛といえば、酒蔵ですからね、お米を扱います。

日本の伝統的な美容成分として長く活用されてきた米ぬかを使った化粧品が「米ぬか美人」です。


そもそも「米ぬか美人」の誕生は、今から30年前のことだそうで、酒造りの途中でできる米ぬかを使ってできた洗顔料がはじまりです。それが今でいう「自然派化粧品」だったのですね。評判が広がっていってできたものです。

口コミですね。

今回新たにできたのが、今までの「米ぬか美人のうるおいシリーズ」にさらに開発を重ねて作られたのが「スペシャルシリーズ」です。

米ぬかエキス、米麹エキス、コメ発酵液、さらには和漢植物と昔からの日本人がなじみあるものばかりの天然由来の美容成分を使うことで「日本人の女性のお肌」にあったスキンケアになります。

この「スペシャルシリーズ」ですが、注目すべきは「米糀エキス」なのです。もちろん、今までと同じく、米ぬかエキスも入っていますが、米糀ですよ。なぜ米糀エキスなのか。

昔から日本酒づくりの「杜氏」の手が美しいということを知っていたからです。

酒蔵だからこそ、考えついたのですね。


この「スペシャルシリーズ」はうるおいを重視していますから、化粧水というと、水というイメージですが、化粧水なのに、とろりとした質感が売りですね。

化粧水をつけても肌にしみ込んでいかない
スキンケアをつけてもすぐに乾燥する、

そのようなことでお悩みの方向けの商品なのですね。


だから、スペシャルシリーズを使うとしっとりした使い心地なのです。


お試ししてみた時の記事はこちらに書いてあります↓↓

50代の私が日本盛の米ぬか美人トライアルセットの口コミ


ただし、お一人様1セット限り、となっています。


1,200円は安いですよ(だからこそ、おひとりさま、1セット限りですが)。

通信販売専用商品です。

こちらをクリックして確認してみてくださいね。

>>>>【日本盛】米ぬか美人スペシャルセット=1,200円(税込・送料無料)



大ヒットの「キスミー フェルム 紅筆リキッドルージュ」

想定を超えるヒットになったというのが、キスミーの口紅です。

口紅というのか、口紅と紅筆の合体というべきなのか。

そもそも、50代から60代の約1万人に聞いてみたら、なんと8割の人が口紅を塗るのに紅筆を使っていると答えたそうです。

これは若い世代が、ティントリップを使うようなものでしょうか。

私も50代だけど、私はほとんど使わないけれど(持っていたけどどこかへ行った)、私の母は必ず使っていましたね。

この紅筆合体型口紅ですが、端を回すと筆の先から口紅が出るしくみなっているそうです。

色もくすみをカバーする色を選んだり、縦じわ(年齢を重ねると出やすいのですよ)ができやすい年齢の唇にも塗りやすくなっているそうです。

聞くところによると、いくつか色のバージョンはあるのですが、ピンク系が売れているのだとか。

やさしいピンク色なら、何歳になってもいいですよねぇ。


>>>キスミー フェルム 紅筆リキッドルージュ 07



これは、便利だから、年齢を問わず流行りそうな気もします。

プリオール 美リフト リップCC n


今年資生堂で発売の「美リフト リップCC n」も人気なのだそうです。

色づくリップ、口紅というよりは、リップクリームに色がついているというタイプですね。

リップなのに、落ちにくいというのです。


それが資生堂のシニア世代向けブランド、プリオールで好評のようです。

これはベリーという色です。色は他にもありますよ。

>>>プリオール 美リフト リップCC n ベリー




資格が取れる講座





このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ