お銀のブログ

人気の化粧品、育毛剤(女性用)、行ってみたお店など個人的体験を淡々と書いていきたいと思います。

カテゴリ: セミナー、イベント

越谷レイクタウンに金魚を見に行ってきました。


正確には、金魚ではなく世界の魚、熱帯魚も、かな。
「宝石のように美しい 2,000 匹の世界の魚」を展示するという日本初のカフェ型水族館だそうです。

宝石だからジュエリーアクアリウムです。
それもカフェ型水族館です。

たしかに、飲み物とスーツ1種類を売っていたけど、飲んでいる人なんていなかったな。

金魚のそばに座る場所はありましたけどね。

今まで日本橋のアクアリウムに行きたいと思いながらいけなかった私は、行ってきましたよ。

そういえば、このような金魚を見せてくれるなんとかリウム、というのは、入場料が高いのですが、ここ越谷レイクタウンでは、大人800円(入場料を機械で前もって買う方式、松屋みたいなもの)です。

子どもにいたっては、無料とのこと(小学生以下無料)。

うれしいポイントですよね。

会場は、越谷のイオンレイクタウンkaze 3F イオンホールです。映画のエリア近くです。

「ジュエリーアクアリウム」 の入場者数が2万人突破した


IMG_5816




ここが入り口ですが、「小学生以下の入場料が無料」と書いてありますでしょ。
7 月 7 日の最終日なのですが、3万人まで行くかな?2万5千人はいくでしょ

お魚のお勉強に行きましょう!

当初より、新たに5水槽を追加して展示したそうです。

受付のところで、再入場はできないことと、スマホでQRコードを読み取って、それをダウンロードしすると、それを水槽にかざすだけで魚の名前や情報を表示するAI図鑑アプリも提供!ということでしたが、なぜか、私は読み込めず。

お魚だけを鑑賞しました。

IMG_5825

暑い夏にはもってこいの、涼しげな光景です。

幻想的でいいですよね。

そういえば、すみだ水族館も金魚の展示を7月に行うとか聞いたのですが、入場料がけっこう高くて、こういうのは、お値段するのですね。



IMG_5833

今回のこのジュエリーアクアリウムは、水族館が東京と神奈川を除いたら、少ないそうで、それも海無し県の埼玉県で行うことに意義があると思います。

越谷レイクタウンが終わったら、次はどこで開催するのでしょうね。


IMG_5838

水草と一緒だとキレイですね。

うちで飼っていた時は、こんなにキレイではなく、藻がいっぱいになりました。
水苔も。

IMG_5822

ベタも写真に撮ったのだけど、優雅な感じに写っていなかった。


こちらが、尾っぽの黒いところがミッキーマウスのように見えるとか。

尾っぽマーク、ミッキーマウスに見えますか?




FullSizeRender

もう1枚出してみます。

いわれてみれば、そうかな~


FullSizeRender

ミッキーマウスにみえなくもない。

なんせ、せっかくのAI図鑑の読み込みができなかったため、魚の詳しいことがわからず。
残念。


写真だと、どうしても幻想的ところがうまく出ていませんね。



IMG_5882

もっと性能いいカメラだったら、違っていたのか。


お魚たちも、動きが早くて写真がブレブレです。

IMG_5830

お魚を写真に撮るのが好きな人、写真を撮るのが好きな人なら、性能いいカメラを持っていけば、もっとキレイに撮れるでしょう。

しかし、私のまわりは、どの人もスマホカメラでした。

一眼レフとかどうなのかな。

これは幻想的に撮れたかな?

IMG_5828


金色にみえる魚は、金運アップにもなりそうでいいですね。




IMG_5864

どの人も言っていたのが、魚の動きが早くて写真がうまく撮れないということ。

それでも見ているだけで涼しげでいいですよね。

会場は、全体に夜の中にいるイメージです。

FullSizeRender

写真がうまい人なら、文句を付けたくなるでしょうが、そこは我慢ください。

魚がこんなに見ることができるのだよ。場所はそれほど広くはないが楽しめますよ、ということが言いたいのです。

それと、次回どこかの場所で、ジュエリーアクアリウムがありましたら、こんな感じですよ、ということをお伝えするという目的です。


IMG_5831

お近くで開催した時は、ぜひ行ってみてください。


越谷レイクタウンKAZEに行けそうな人は、2019年7月7日までにどうぞ。



小学生以下、無料でしたから、ぜひ、お子さん連れて遊びに行きましょう。
大人の入場料が800円しますけどね。


飲み物が、たしか400円だったかな(私が行った時は、誰も飲んでいなかったけど)。

(他の場所で、開催した時は、事前に料金を確認ください)。


このエントリーをはてなブックマークに追加

本日は、いつもとは変わって、ブロガーとしてのお話です。
初めて、1人で行く人のために、駅からブロバー への行き方、ブロバーのルール、お作法などを書きます。

ブロバー に行く前に考えておいたほうがいいことも。


さて、ブロガーの集まるバーとして、新高円寺にある話題のブロバーに行ってきました。

ケロロ軍曹のケロッとマーチでは、「駅から5分は実は15分」と歌っていますが、本当に新高円寺駅から近いのがブロバーです。

ただ、私が行ったときは、見つけにくかったです。 

今は、看板が出たようです。

新高円寺駅の駅を降りたら、1番の出口から出て、駅の階段を上って地上に出たら、右に行きます。

クイーンズ伊勢丹新高円寺の先にあります。
ほぼ横にあるビルです。

あゆみBOOKSという本屋さんまで行った人は、歩きすぎです。
その手前にありますよ。

ブロバーも、グーグルマップに登録してあるといいのにね。ブロバーへの行き方がわかります。(今はマップに入ってました)


私なんかも、弱小事務所ですが、グーグルマップに登録していますので、グーグルマップで付近で探せば、弱小事務所でも、そこから道順わかります。


IMG_5571

とにかく飲み屋らしきビルを探しまして、この「シャトー新高円寺」を目標にしてください。その地下がブロバー です。

ひとりで行くブロバーでのお作法も

IMG_5283


女性の場合、このビルを見ると、ひるんでしまうかもしれませんが、地下に行きます。

だって、目に飛び込んでくるのが、「大衆酒場」ですからね。

しかし、それは無視して、地下1階に。

そうすると、オシャレな入り口が見えますから、一安心ですよ。

私もこれをみて、間違っていなかったのだと安心しましたから。大衆酒場には行かない。

IMG_5285

ただし、バー形式なので、入り口が入りやすい雰囲気ではありません。

私も会員制のバーに連れて行ってもらったことありますが、隠れ家っぽい感じでした。

それに近い印象がありますね。

時間が間違っていないとわかったら、思い切って、扉を開けてしまいましょう。

躊躇なく、です。

ギーッと開けて、ログインです。


私は前々から、「女ひとりで、バーに行く」をやってみたかったのです。

バーテンダーのおじさんとは、無言で。
カクテルやウイスキー飲みながら。
できる女を演出。


しかし、それには、ハードルが高いこと。

やったことがある女性に聞くと、大丈夫だよと言うものの、一体、どのようにバーで行動すればいいのか、お作法わからなかったです。

それに知らないお店に行ったら、ボッタクリにあいそうです。
安心できるバーだと、高級ホテルのバーでしょうが、今度は、お金がどれくらいかかるやら。


その目標が叶えられたのが、このブロバーです。

だって、集まるのは、同じくブログを書く人たちなのですから。

類は友を呼ぶです。


バーにひとりで行く、なんと小さい目標!とバカにしないでください。
けっこう女性には高いハードルなのだよ。


ブロバーの使い方(お作法)立て札となるカードの名前やブログ名を書く



IMG_5290

ブロバーにいきますと、まずは名前などを記入いたします。

ブログ名もです。

それと自己PRも書きますから、覚えやすいものを書くといいですよ。印象に残りやすいものを。


私なんか、考えなしに行ったから、前もって考えてから書けばよかったと後悔しております。

いちおう、ブロバーの使い方です。

その1,入店したら、「#ブロバーにログイン!」とつぶやきましょう。
スタッフがリツイートします。と書いてます。

私は、ツイッター複数持っているので、どれでつぶやいたらいいか悩んだので、これはパス。

その2,はじめての方は、まず「ブロカード」を書いてもらいます。
交流するきっかけになるので、ぜひどうぞ。


これに関して、私のおすすめは、なるべく自分が「関心あることは、多く書く」です。

人間、何かしら、同じ趣味、同じ興味、同じ出身地、同じ大学など共通点はあるものです。

なにかにひっかかりがあればOK。そこから、突破口ですよ。

私は、準備不足でしたわ。

IMG_5286

その3
あの人と話してみたいなとおもったら、「被リンクドリンク」メニューからおごりたいドリンクを選んでスタッフにお伝えください。

と書いてありましたが、私は、誰が誰かわからず、これもパスです。

被リンク、買ってはいけないな。


その4「相互ドリンク」でお互いに、おごりあいましょう。giveの精神が大事。

おつまみは、おごったというか、置きっぱなしにしていたので、誰かが食べてくれたと思います。

「相互ドリンク」も、やってこなかったです。


相互リンクのほうは、今は、有効なのか?の若干の疑問もありますが、まぁ気にしません。


その5、お会計の際は、スタッフに「ログアウト」とお伝えください。
リアルの世界へ戻りましょう。

これは、まるで、コミケのようなスタイルですね。

コミケを出るときは、リアルの世界へ戻されます。

以上がブロバー の使い方です。

それより、重要なのがブロバーのルールかな。
続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、Greenz jp主催で「ミニミニ太陽光発電
システムを作ろう(20W)」という勉強会がある
ことを知りました。

ミニミニとあるのは、今まではミニとして50Wの
太陽光発電システムを組み立ててきたそうです。


それよりも、もっと手軽に(20W)、作ってみようという
ことで、今回の企画ができたそうです。

以前の太陽光発電システムよりももっと小型、
もっとこぶり、持ち運びも便利ということでした。

私も以前から、太陽光発電システムを自作して
いる人がいることは、知っていました。

しかし、どうやって器具をそろえて、工具をそろえて、
作ったらいいのか、まったくわからずにいました。


今の時代、やろうと思えば、ネットで調べること
ができますが、このような勉強会があれば、
その場で聞けるし、いいなぁと思い参加して
見ることにしました。

20Wのミニミニというくらいですから、ちょっと
した科学の実験みたいで面白そうというのも
ありました。


まずは、その時のことを第1回目として、ブログに
書くことにいたします。

なお、今回のグリーンズさんでの自作の太陽光
発電システムですが、バッテリーが重いのと、パネルが
大きいので、当日持ち帰りではなく、壊さないように
翌日に宅配便で、送ってもらうことになりました。

しかし、イベント終了後、9日経ってからやっと
届きました。手違いがあって、依頼した宅配業者
に渡したつもりが、そのまま置かれていたとの
ことでした。

こちらが何度も連絡してやっとわかったのです。
(最初、依頼したという荷物の伝票自体が、紛失、との
ことだったのです)。

担当の方は、再発防止を考えると言っていましたが、
もし、Greenzjpさんのイベントに参加される人
がいましたら、念のため、宅配便の伝票は、
スマホ写真やコピーを取っておいてから送付を
依頼すると安心だと思います。

(次回のイベントは、機械に5万円ほどかかる
ようですので、間違ったところに行ってしまうと
誰が保障するのか問題になりますから)。

さて、当日の話です。
2014-07-23-19-18-33


場所は、リトルトーキョーさんの2階にて
おこなわれました。

到着すると、すでに太陽光パネルやバッテリー
が用意されていました。もちろん、工具も。

50wの時は、土曜日の昼間にやっていた
そうで、時間もたっぷりあったそうですが、
今回は、夜間で、説明もそこそこに
さっそく作ることに。

用意されていたもの。

・20Wソーラーパネル
・ 12Vバッテリー
・ チャージコントローラー
・ シガーソケット分配器
・ 接続ケーブル一式
・ USBライト

ちなみに、50Wの時は、これらに、インバータが
付くそうです。インバーターは、直流を交流に
変えるそうです
2014-07-23-20-28-40


思ったよりも難関だったのが、このペンチを
つかって、金属の覆いをつぶすことでした。

女性の場合、これに苦労するみたいです。
きっと、男性より握力が弱いからでしょうね。

2014-07-23-21-05-32


ちなみに、このペンチは、このように
なっていまして、上の刃のデコボコの
ところで、金属の覆いをつぶし、下の
ギザギザで、コードの皮膜を取ったり
できます。

このような教室ですから、何度も使って、
便利なものを用意していただけたのだと
思います。

2014-07-23-20-20-34



このように用意していただいたから
なんとかなりましたが、全部自分で
となると、道は遠いような気持ちに
なりました。

金属の覆いのうえに、ビニールの
キャップのようなものを覆って
コードを完成させます。


2014-07-23-21-38-28


チャージコントローラーにこれらの
コードをつないでいきます。

先生から言われたことは、「とにかく、
プラスとマイナスに気をつけて」という
ことでした。

これを間違えると、火花を見ることに
なるとのことでした。

赤は、プラスと、黒はマイナスと唱えながら、
えっちらおっちらと、ドライバーを使って
つなげていきます。


2014-07-23-21-44-56


2時間ちかくかかってやっと完成。

一番左の、chargeのところに光がつけば、
出来上り!ということで、光ったので、OK
のようです。


2014-07-23-21-25-40


こちらのテーブルの中程にある赤い機械は、
太陽光発電システムの電力を調べる計測器
とのことでした。

私がまだ完成していない時に、すでに完成
した方の太陽光発電システムを使って調べて
みてました。


2014-07-23-21-44-04


このように三連シガーソケットを使い
ここから、電力を取ります。

2014-07-23-21-56-38


見事、このようにポータブルなUSBライト
(読書灯?)が光りましたよ。

夜にやったので、太陽光ではなかったのですが、
電灯の光で、発電です。

あとは、本当の太陽光の下で使ってみれば
いいわけです。

とりあえず、教室での勉強は、ここまでで、
質問はありますか、と聞かれたのですが、
実際に使ってみると、疑問点が出てくる
のだろうと思いました。


それにしても、電気が付くと感激しますよ。



長くなりましたので、それ以降のことは、次回に。

次回は、イベントの日から9日後に到着した
私の「ミニミニ太陽光発電システム」は
自宅で、実際に使えたのか?
について書きましょう。


本格的な太陽光発電は
>>>【個人・法人対応】日本最大規模の太陽光発電一括見積もり



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ