IMG_5700

日本は、梅雨が過ぎると途端に暑くなります。

ここ数年は、尋常ではない暑さです。

それで最近、人気なのが、今回ご紹介する「空調服」です。
熱中症対策にもなりますから。

外で作業する建築屋さん
農作業する農家の方々、
工事現場で働く人たち、
それだけではありません。

フェスに行く予定の人、
サイクリングが趣味の人(それも夏のサイクリング)
夏の川で釣りをする
ドローンを飛ばす(=私)人など仕事だけでなく遊びや趣味でも、暑い時に大活躍してくれるのが空調服です。


空調服とは、服に小型のファンが付いていまして、外気を取り込みます。
服と体の間に、風を流すイメージですね。

風を流すことで、体の皮膚についた汗を蒸発させやすくします。そのことで体に熱をこもらせにくくして体温の上昇を防ぐというわけです。

今までも熱中症対策、暑さ対策として、体を涼しくさせる生地(涼感タイプ)を選んだ服がありました。

クールビズでは、ネクタイをはずして、涼しく感じる生地でできた服を着ればいいのですが、作業着の場合、なかなか薄い生地だとか選びにくい、という面がありました。

特に、建設現場の作業では、洋服の生地は薄ければ薄いほど良い、とは言い切れません。

さらに、半袖だと危険な場合もあるでしょう。

そこで登場なのが、「空調服」です。
空調服の開発に関してはこちら開発秘話| 株式会社空調服

今回のブログは、空調服を試す機会があったので、最先端の空調服を紹介します。


なぜ、空調服だと涼しいのか?

人間は汗をかくことで、気化熱で体の熱をさまして逃します。汗が蒸発するときの気化熱によって体の熱をさまします。


汗をかいた後に、風に当たると涼しく感じるように、風の助けをかりて、気化熱(液体が気体になる時に熱を奪うこと)で、涼しくさせる仕組み、それを取り入れたのが空調服です。

作業着としてもしっかりした作りであり、なおかつ、熱中症対策になる服ということで、人気急上昇中なのです。



Wowma!のサイトにて、販売中

>>空調服 バートル AC1121Pset エアークラフトブルゾン(ユニセックス)ファンとバッテリセット S~LL



猛暑対策は男性、女性ともに使えるオシャレな作業着(空調服)をおすすめ


FullSizeRender

こちらが、その空調服、バートルのエアークラフトです。

屋外ではエアコンが使えませんから、このような作業着を使ったほうが暑さ対策にはいいのです。

私は、最初、空調服と聞いたとき、肩に小型扇風機でもあてた服なのかと思っていました。

だから外に向かって風を流すのかと勘違いしていました。

空調服は、あくまでも体の中に空気を流すイメージです。
だから、ファンを回すと作業服(ブルゾン)がダルマさんみたいに膨らむのが特徴です。

実際にファンを回して、空気もれが少ないのは、ポリエステル素材の服です。

作業服というと、綿素材をイメージしてしまいますが、ポリエステルのほうが空気漏れが少ないようです。


ファンから毎秒約56リットル(10Vの場合)の外気を取り込みます。

この空気の流れが、体と服の間を流れて汗を気化させます。

気化熱を取ることで、体が涼しくなってくるという仕組みです。汗をかくと液体が体に流れますが、流れるだけでは体温は下がりません。その汗が流れて、汗が蒸発するときに皮膚の熱を奪うのです。

体はダルマさんのように空気でふくらんでいますが、首もとからこもった熱の空気が出ていきます。

バートルのエアークラフトの場合、背裏に通風性を高めるエアーダクトがついています(上の写真でいえば、Bの文字が書いてあるネットのある部分)。

さらに、通風性が良いのです。

だからクーラーが効いている場所で、着ていたら、涼しすぎることになりますよ。

それで寒くなってしまったことがあると経験者に聞いたことがあります(その人、いわく、ここまで涼しくなるとは想定外だったとか)。

やはり空調服は、屋外で使うべきかと。

イベントスタッフ用にも!猛暑日だけでなく暑い日の外での作業に


FullSizeRender
「猛暑を吹き飛ばす最先端クールアイテム」ですよ。
これは、Mサイズの「カモフラシルバー」色です。

ここで、ワンポイントアドバイスを!

空調服は、男性用のサイズになっていますが、女性はそのままでも大丈夫。

いつもなら、ワンサイズダウンで買っていると思うのですよ。

Mサイズの女性なら、男性用ならSサイズにしようと。

しかし、空調服の場合、ダボッとしたほうがいいのです。
つまり大きめサイズのほうが空気がよく通るので、おすすめなのです。

ブルゾンと、ファンおよびバッテリーがセットになっています。

別々で購入してもいいのですが、はじめて購入する人には、セットになっているものをおすすめします。

シルバーの色なら、女性でもカッコいい感じですね。もちろん、ブラックでもOK。


今回の記事では、長袖の写真ですが、空調服には「ベスト」タイプもありますよ!


>>空調服ベスト ファンとバッテリセット S~LL





電動ファン付き作業着で野外フェスにも

FullSizeRender

出力9Vで、連続7時間のリチウムバッテリーです。

オンボタンを長押ししてオンになります。
5Vだとほとんど風を感じません。外での作業には、10Vくらいがいいでしょうね。

ただし、屋内で使うと、10Vでは、うるさいですね。ブンブンいってます。

それが屋外だったら、それほど音を感じないのが不思議です。


FullSizeRender


内側の前身頃のところにポケットがありまして、そこのバッテリーを入れます。

バッテリー入れがないブルゾンですと、ベルトに装着しているようですが、このバートルのエアークラフトなら、バッテリー入れのポケットが付いているので便利ですよ。

ポケットが重くなりますが、わざわざ、ベルトにつける必要なしです。


建設現場や工事現場、さらには外出時の暑さ対策でも


FullSizeRender

内側のポケットです。

ここにバッテリーをしまいこんだところです。

片側のポケットにしまうために、コードは、このように長さが違っています。

右は近くていいから、短めに、左は遠くなるので、長めです。

コードは、バリバリ音がするタイプの面ファスナーで止めています。

FullSizeRender


バッテリーを充電完了したら、ファンに取り付けます。

FullSizeRender



バッテリーは、けっこう重たいですね。

私は、ドローン飛ばしたりしているので、バッテリーが軽量になってくれるといいなと思っておりますが、バッテリーがあるから長時間電気を供給できるのです。

暑い日にドローンを飛ばしている人も空調服を


FullSizeRender

こちらが、充電するときのバッテリーです。
コンセントにつないで、充電です。

IMG_5706


ブルゾンのほうにも、このように細かいところに、熱を逃して、涼しくさせる工夫がされています。

IMG_5712

これを着ることで、外での作業で熱中症になる人がひとりでも減らせるといいですよね。

猛暑でも、イベント会場の人、建設現場にいる人、工事現場の人いろいろいます。


ファンがあるから暑い日のレジャーにも使える空調服



FullSizeRender

私が着てみたとことです。

わかりにくいですが、ファンを回すと、ブルゾンが膨らみます。

中に空気が通っていることがわかります。

世の中、クールビズだから、こんな感じで外での営業周りに使えないですかね?

東南アジアの人たちは、けっこう涼しげなスタイルしているのに、7月には40度越えする日本で、なぜかスーツですよね。

2018年7月23日には埼玉県熊谷市で41.1度まで上昇しましたが、その日、埼玉県から千葉県まで外出していた私は、一緒に行った人が、途中で具合悪くなったし、私自身も、気分が悪くなったのを覚えています。

空調服を着ていたら、もう少し、どうにかなったような気がする。。。

FullSizeRender


私はいつもはLサイズを着ますが、男女兼用サイズなので、女性が着るなら、Mサイズかな。

ちょっとぶかっとしていますものねぇ。


建設現場や山などでの作業だと、長袖でないとケガをしたり、虫に刺されたりしますから、長袖のブルゾンになりますが、単にイベント会場で着るだとか、レジャーで海、川などで利用するくらいなら、長袖でなくてもいいかなと思いました。

ほかにも、種類がありますし、長袖だけでなく、先ほども書いたベストになっているものもあるので、まずは、サイトで確認してみて、あなたのお好みのものを見てください。

Wowmaのサイトへ


>>空調服 バートル AC1121Pset エアークラフトブルゾン(ユニセックス)ファンとバッテリセット S~LL







Wowma!は、日用品、食品から、ファッション、インテリア、家電など、多くの商品がある「総合通販サイト」です。

au系列なので、auのスマホを使っている人などauのIDを利用できますし、auかんたん決済も使えますよ。

Wowma!のサイトへ